混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『週刊 真木よう子』VOL.8の雑感。★★★
2008年05月22日 (木) 23:31 | 編集
『週刊 真木よう子』VOL.8の雑感です!

エンケンさんのナレーションが“ネ申”がかっとるなぁ~(笑)。

※以下、ネタバレあり ご注意!
≫ "『週刊 真木よう子』VOL.8の雑感。★★★" の続きを読む...
スポンサーサイト
『去年ルノアールで 深煎り妄想セット』特典ディスク“サービスのお茶”♪★★★★★
2007年11月23日 (金) 23:05 | 編集
本編のDVDから ようやく辿り着いた“サービスのお茶”ですが、
これがまた色んな意味で充実しております(笑)!

あ、なるべくネタバレを避けて書いてますが
一応、以下お気をつけっ。



『去年ルノアールで DVD-BOX~深煎り妄想セット~〈3枚組〉』




“サービスのお茶”の内容は

・星野源と浜野謙太の ルノアールお遍路さん
・『去年ルノアールで』メイキング

となっておりもすが
何と言ってもメインは“ルノアールお遍路さん”ですじゃ!!

“ルノアールお遍路さん”は
星野&浜野のいわゆるSAKEROCKコンビが お遍路さんの恰好をして
田端駅から新宿・渋谷方面にあるルノアール各店を
丸一日使って巡礼していくという“ロードムービー的ロケ”です(笑)。

そして各店舗ごとにハマケンこと浜野謙太氏が
その場で奉納(?)の歌を作り、歌っていくという
アホ過酷なロケなのでござーます(笑)。

さらにロケ当日が鬼のように暑い夏の日で、
中盤あたりにかけて2人ともグッタリきたりして
そういうところを余すトコなく楽しめるよーになっています♪

“コンビ愛”とでも言いましょうか、浜野くんが歌っている姿を
見ている時の星野くんの目は
時には優しく穏やかであって、時には冷ややかで厳しい眼差しだったりするのが
個人的にはツボでした(笑)。

ロケの具体的な内容には触れませんが
新宿の歌舞伎町に差し掛かったあたりの緊迫感も良かったです。
「ああ、アポなしってスゴイな」と(爆笑)。

去年ルノアールで』の続編をやるよーでしたら、
特典ディスクも再び“ルノアールお遍路さん”で是非とも お願いします(←鬼っ!笑)♪

ランキングバナー
『去年ルノアールで 深煎り妄想セット』が もっと売れますように♪★★★★★
2007年11月09日 (金) 23:20 | 編集
『去年ルノアールで 深煎り妄想セット』、いわゆる3枚組DVD-BOXなんすが
これがもー、期待の はるか上を超えた面白さ&キメ細やかさなのもので
なかなか特典映像のDVDに辿り着けません(笑)!



『去年ルノアールで DVD-BOX~深煎り妄想セット~〈3枚組〉』



去年ルノアールで』の
主に前半が収録されている“深煎りブレンド”、
後半メインの“ガラナ”と、ピンでそれぞれ発売されておるワケですが
これをDVD-BOXで買うと、特典ディスクとして“サービスのお茶”が付いてきます(笑)。

TV版より1話1話が1~3分ほど長くなり
この事が「DVD版こそ本編」と言われる所以となっておるところで
演者がどっと増える回や「この役、こんな大事な役割やったんや~」と
大根さんのTV版の編集力と、DVD版で更にくだらなく広がる妄想の世界に驚嘆でございやす(笑)!!


「主に前半の」・・と書いたのはTV版ではMENU.11だった回が
“深煎りブレンド”でMENU.6に変更され
残りは最終回まで1コずつ順番がズレておるからなのでありますが
映像特典として収録されている“裏メニュー”の回との繋がりを意識してのことなのかなと。
でまた、その“裏メニュー”も相当笑いました。
TV版ではそこまで目立たない西村さんも沢山 出てきて嬉しかったです♪

んで観ていくと、これだけのボリュームの映像や素材を
ルノアールが半分営業してる状態で(笑)4日間で撮影したというんやから
もー頭が下がりますね(涙)。
もっと高くして売っても良かったんちゃうかなって(笑)。

各出演者のミニインタビューやら
メニューへ行くときの ちょっとした“遊び”なんかも楽しいDVDですよん♪

“サービスのお茶”を存分楽しんでから、小出し小出しに また記事をUPしてこと思います~!

ランキングバナー
ドラマ『去年ルノアールで』MENU.12(終)の感想。★★★★★
2007年10月05日 (金) 20:08 | 編集
とうとうこの日が来てしまいました、最終回っ(悲)!
去年ルノアールで』MENU.12の感想です!!

予想通り、西村さん出て来なかったっす!
本筋にも なかなか現れない“エアー店員”ぶりに、ただただ脱帽(笑)。


※以下、ネタバレあり ご注意!


MENU.12の あらすじ。

いつものように“ルノアール”で有り余る時間を やり過ごす“私”。
周りの客たちの一部は“フェリーの2等客室”であるかのように眠っており
中でも“椅子を2つ使って新聞を掛け布団にして寝ている男”と
“まるで椅子に立てかけられているかの如く、真っ直ぐな姿勢で寝ている男”に目が止まる。
店員は そんな昼寝には動じず、完全にスルー。
そして、2人の男が奏でるリズミカルなイビキに“私”も睡魔に襲われ・・。


バッファロー吾郎の2人が出てはるのに、ただただ眠っているだけとは
何たるシュール!しかも最終回やのにっ(笑)!?

でもこれが『去年ルノアールで』の世界なんよなぁ♪

ルノアールではないのですが
ワシめの好きな某喫茶店も
色んな お客さんが“フェリーの2等客室”ばりに眠っていたことを思い出しました(笑)。
意外と周りの そういう自由な感じが落ち着くので、長時間 寛いじゃうワケですが♪
そーいやー、そこの店員さんも昼寝スルーだったなぁ~。

布団のサービスは“私”の妄想でしたけんども、本当にあったら嬉しいなぁ。
眠る自信はないですが、思わず寝てしまって
いつの間にか布団が掛けられていたら
ワシは そこの喫茶店に100パー惚れることでしょう(笑)。

ということで、ドラマ『去年ルノアールで』のオンエア分の感想記事も
これにて終了でございヤス♪
んでも『去年ルノアールで』はDVD購入決定なので、これもまた記事にする予定っすよん。

実験的な要素も多々ありましたが(笑)
最後までガッツリ楽しませてくれて
大根さん&せきしろサン、そして全ての役者・スタッフさんに感謝です!
あー、またいつか続編やってほしいなー(懇願)。

ランキングバナー
ドラマ『去年ルノアールで』MENU.11の感想。★★★
2007年09月29日 (土) 10:51 | 編集
去年ルノアールで』MENU.11の感想ですっ。

赤堀さんより、みのすけサンの方が隠れキャラななー(笑)。

※以下、ネタバレあり ご注意!


『去年ルノアールで』DVD-BOX 2007年10月26日発売




MENU.11の あらすじ。

夏の暑さを避けるように“ルノアール”へやってきた“私”。
しかし、この日の“ルノアール”はいつも以上に冷房が効きすぎていて
かけていたメガネも瞬時に凍るほどの寒さ!
そんな時に“私”の携帯が鳴り、通話をするため一旦 店を出るのだが
サウナのような外の湿度に忽ちメガネは曇ってしまい・・。


全国のメガネさんの あるあるネタですねコレ。
そんなワシもメガネさんですが(笑)。

今回は中盤までの展開が
とても きめ細かかったんすが
大オチが うまく決まらなくて惜しかったなぁと。

ハリセンボンはコンビでいると面白いんですけど
ピンになると自分自身を活かしきれてないというか何ちゅーか。
んで、用意されてるものより
(自分で)用意してきたものの方が得意なんでしょうな。
まー、全般に芸人さんはそーなんですがね。
そして他の役者さんも大オチだけ浮き足立ってたやうな気が(笑)。

最初「演出の問題かなー」と思ってたんすけど
原因は半々で、演者が掴みきれてない感じが出てしまったのが
大オチで やらされてる感を醸し出してしまったのかも知れません。

こんな回でも唯一 異彩を放っていたのが赤堀さん!
ワシから言わせればメチャメチャ“脇役オーラ”出してました(笑)。

赤堀雅秋さんの芝居は舞台やらTVやらで
たまーに観るのですが、各役柄に合わせてキャラ立ちしてるので
“良い意味で顔が覚えられない役者さん”だなーと♪
出てると知って ようやく気づいてみたりしますしねぇ(笑)。

赤堀さんは劇作・演出家さんでして
台本も独自色の強い、とても面白いものを書いてはります。
興味のある方は舞台行ってみてくださいませ。

ドラマ『去年ルノアールで』も、いよいよ次回が最終回でございます!
そーいや西村さんがフィーチャーされる話が ここまで無いんですけど
このまま無いなら無いで、面白いと思われ・・(笑)。

ランキングバナー
ドラマ『去年ルノアールで』MENU.10の感想。★★★★
2007年09月22日 (土) 15:27 | 編集
去年ルノアールで』MENU.10の感想です!

信長がショップでシャツ物色してる感じが一瞬見えました(笑)。

※以下、ネタバレあり ご注意!


『去年ルノアールで』DVD-BOX 2007年10月26日発売




MENU.10の あらすじ。

“ルノアール”で頼んだものを飲み終えると出てくるサービスの お茶。
しかし、ソプラノボイスの店員が運んできた
いつもより量が多くて温度もちょうど良い お茶の飲みやすさに“私”は
とても感動し
石田三成が豊臣秀吉に出したという“三杯のお茶”のエピソードを今の状況に当てはめ・・。


今回は尻切れトンボというか、比較的薄めなエピソードでした。
たぶん今回の話はDVD版の尺で観た方が良いのではないかいなと。
・・て、前回があんなだったら それ以上濃くするワケにもいかず
普通な感じがシンプルに見えるのかも知れませんが(笑)。

でもこれは
ドラマ全体に強弱をつけるために
極端な話を交互に出してると思うのですよ、そう!まるで“三杯のお茶”のやうに(笑)!!
『去年ルノアールで』は
やっぱかなり神経遣って撮影されてるよーに思います♪

星野さんと日村さんの妄想シーンは
フリートークのように見えたり、相当計算された台詞のように見えたり
うーむ、これも狙いなんだしょう~。
・・結局、妄想でも現実でも
日村“三成”は“三杯のお茶”を出せるよーな気遣いが出来る
キャラではなかったんですけどね~(笑)。

ランキングバナー
ドラマ『去年ルノアールで』MENU.09の感想。★★★★★
2007年09月15日 (土) 19:14 | 編集
去年ルノアールで』MENU.09の感想です♪

5分弱で分かる“ラヴ&ピース”の歴史・・(笑)。


『去年ルノアールで』DVD-BOX 2007年10月26日発売



※以下、ネタバレあり ご注意!


MENU.09の あらすじ。

“ルノアール”でいつも考え事をし、何かを想像していた“私”。
「“想像”といえば・・」と
長髪にメガネの あの男、“ジョン”のことを“私”は思い出し
“ルノアール”で寛ぐ“ジョンとヨーコ”を妄想し・・。


想像すれば“イマジン波”も出るよーになるという お話(笑)。

アホさ加減でいうと
MENU.07に匹敵するくらいの今回でした(笑)。
おそらくフルネームを書くと「色々 もめちゃうのかな?」と思いつつ
登場人物は まさしくそれなんですけどね(汗)。

ジョンは雰囲気モノマネで押し切り あんま似てない気がしましたが
高田聖子さん扮するヨーコは
若いころの見た目ソックリなんだなと、ゲラゲラ♪
流石に2人で10回クイズはやらなかったでしょうけんども(笑)。

ゾンビとジョンの戦いは くだらないよーで
ゾンビの台詞が しっかりしてたので
非常に分かりやすい“戦争VSラヴ&ピース”の図式だったんじゃないでしょうか(←ホントかよ、笑)???

そして次回予告の短いアニメのカットに爆笑!!
微妙に昭和の熱いアニメたちのテイストが織り込まれてあって
この回だけでエエからアニメで放送してくんないかなと思ってしまいもした(笑)。
この予告編作るだけで結構な予算使ってるな、きっと・・。

ランキングバナー
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。