混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『3月のライオン』第1巻の雑感。
2008年03月01日 (土) 22:45 | 編集
『3月のライオン』第1巻の雑感です♪

いやー、やっぱコミックの方が まとまってるので読みやすいっす~。

※以下、ネタバレありご注意!

第1巻は
17歳の高校生プロ棋士・桐山零と
関わってくる登場人物を丁寧に描きながら、零くんが背負っているものが
少しずつ明らかになってきておりますね。

ぶっちゃけワシめは連載1回目を見事に読み飛ばしてたんすけど(笑)
三姉妹の長女・あかりとの出会いは初回では描かず
第3回までは書いてなかったんすね~。
でも設定がしっかりしてるぶん、そういうことを気にさせないで読ませる力がある漫画やなーと♪

零が一人暮らしを始めてから出会っていく人々は
あかり、ひなた、モモの三姉妹を始め
個性的で明るく、イキイキしてますが
個々に背負っているものや内に秘めている部分は、とんでもなく重かったりして
そのバランス感覚が羽海野さんには独特のもんがありますね。

どっちゃにでも少し傾いてしまえば面白くなくなってしまうかも知れんよーな、絶妙なバランスですじゃ~。
零なんてボケ気味のキャラたち相手に、終始ツッコミ役に徹してますけんね(笑)。
読者の感情の起伏も忙しいかも知れんですな。

自称ライバル・二海堂晴信も
お笑い要員全開なんかと思いきや、彼なりにその身を削って
零の前に現れているという秘密を知ると、ちょっと凹みますもん(泣)。
でも もっちり体型の晴信が、あかりのストライクゾーンだったいう話は
爆笑でしたけども・・♪

小ネタで好きなのは、人には通じなくとも
常に喋り倒してる犬猫たちでしょうか(笑)。
中でも三姉妹の家に住む猫たちが魅力的ですやな。
『ハチクロ』の頃からペットたちの自由度が好きだったもので・・♪

今後展開で気になるのは、零の もう一つの家族・幸田家の人々とお互い分かり合える日が来るのかどーか
・・て気性の激しい香子が零の目の前に現れた日にゃー、
今の平穏な時間も とんでもないことになりそうですけどね~(汗)。


ランキングバナー
スポンサーサイト
☆☆☆☆『3月のライオン』が いよいよコミックに・・
2008年02月08日 (金) 23:10 | 編集
なるそーですねぇ~、楽しみ楽しみ♪

『3月のライオン』はヤングアニマルに連載中の漫画でして
高校生でプロ棋士の男の子の日常が中心に描かれとりもす。

作者は羽海野チカ先生!
そう!『ハチミツとクローバー』の羽海野先生ですよっ!
ワシめは『ハチクロ』のアニメ版で その面白さを知り
TVドラマ版にブーブー言うてるうちの一人なんすが(笑)、
そんなストレスたまり気味の皆様には
是非とも『3月のライオン』は読んでもらいたいですじゃ♪

『3月のライオン』は一応“将棋マンガ”ですけども、
重きは暖かかったり切なかったりする“日常”にあるので
将棋が分からなくとも
その面白さにハマると思います。
そして羽海野ワールド全開のギャグテイストも魅力の一つだなと♪

「これでヤングアニマルにも『ベルセルク』以外に読むもんが出来た(毒)」と喜んだのも束の間、
ヤングアニマルは隔週で
しかも2作品とも休載しちょる号があったりして、
どっちゃも ちょくちょく読み飛ばしてることが多々アリ(笑)・・。
『ベルセルク』は慣れてるから良いとして(←コラ!)
「『3月のライオン』、はよコミックにならんかなぁ」と首を長くして待っておったんすよねぇ~。

『ハチクロ』が大好きだった方も
青年誌にちと抵抗がある人にもコミックは是非ともオススメです!

ランキングバナー
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。