混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『14才の母』第一話の雑感。★★★★
2006年10月14日 (土) 23:47 | 編集
14才の母』第一話の雑感です。

テーマ、そして役者陣への期待もあってか 初回は数字取れたよーですねぇ♪
静かな始まりながらも、インパクトの強さを感じました。
・・そして、北村さんの髪型にも衝撃が!?・・どないしたら あんな不思議な“巻き巻き”になるんでしょう(笑)?

初回は嵐の前の静けさなのか(後半は上陸寸前でしたけども)、
主人公・未希と、ボーイフレンド智志の自然な日常から
2人は結ばれてしまったというのを見せたかったのかなーと思いましただ。
純粋であればあるほど、“妊娠”という事実が重くのしかかる。。

未希はちゃんと伝えることが出来るのかなぁ。そして智志はどう受け止めるのか。
障壁は どちらも なかなかのもののようですなぁ~。

初回が終わって賛否両論 分かれてるよーですけんど、
問題提議を作り手が しっかりぶつけてきたからこその反応やと思うんすよ。

志田未来ちゃん繋がりで言えば『女王の教室』も
テーマ&アプローチとも違えども、初回の反響は凄まじかったですしね(笑)。

違和感というか、それが狙いなのかは分かりませんが
未希があまりにも幼すぎると思うんですよ~。
志田未来 嬢自体が小柄やし『女王の教室』から一年ちょっとしか経ってないので、しゃーないのかなぁと思いつつ
んでも、2ヶ月の経過を思春期で変化する心で見せてたりして
「彼女が やはり適役なのかー」とも考えてみたり。
“14才”の頃の揺らぎみたいなものも、観ながら思い出してしまいました。

実は あまり期待してなかったんですけど、『14才の母』は第二話以降も追って観ていく予定です♪
今後面白くなるかどーかは、脇を固める大人たちにかかってる感じがします。
大人たちのドロドロで“救い”がなさ過ぎる・・・みたいなことになりませんように(笑)。

スポンサーサイト
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。