FC2ブログ
混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
『キングオブコント2008』の雑感。★★★★★
2008年10月07日 (火) 12:30 | 編集
キングオブコント2008』の雑感ですっ!

いやー、相当笑いました。ハイ♪
≫ "『キングオブコント2008』の雑感。★★★★★" の続きを読む...
スポンサーサイト



『R-1ぐらんぷり2008』決勝の雑感。★★★★★
2008年02月22日 (金) 23:59 | 編集
R-1ぐらんぷり2008』決勝の雑感です!

芋洗坂係長、一瞬“シベ超”の人かと・・(笑)。

※以下ネタバレあり ご注意!


では審査員のつけた点数順に感想をば。

第8位 COWCOW山田よし(447点)
山田よし扮する『北の国から』黒板五郎(田中邦衛さんですな)プレゼンツ・バラエティー。
ネタ順が1番で不運だったですけども、結構 頑張ってた思います。
個人的には何で最下位なのかが不思議なくらい(笑)。
“天丼オチ”を巧く使ってたと思うんすが、単調気味だったり
五郎さんを真似してるだけだったので
アクセントで『北の国から』のマニアックなネタとかを入れても良かったかも。

第7位 土肥ポン太(449点)
フリーマーケットの おっちゃんと客の やりとりによるモノボケコント。
前回と手法は変わってないんすが、モノボケの発想力は面白く
本人もリラックスしてやってた分だけ今回の方が観やすかったです。
・・が、ネタ自体は練ったものじゃないので やはり笑いが浅いなーと。

第6位 鳥居みゆき(451点)
マサコの単独妄想夢芝居。
どー評価してええか分からない審査員には、まさに悪夢(笑)。
キャラの怖さはありますが、
ショートコントになると滑舌が普通に良くなったり
キャラを演じ分け出来てたりしてて「素人っぽい笑いも計算に入ってるんやなー」と感心しました。
紙芝居&人形劇と面白かったので、最後のショートコントにビシっと決まるものがあればより上位も狙えたんちゃうかなと。

第5位 あべこうじ(454点)
彼女にどーやって鼻毛が出てることを知らせるかを考え悩むウザイ漫談。
いやー漫談の技術はあっても、決して優勝を狙えるネタではないでしょう(バッサリ)。
客を置いてけぼりにしすぎなのも ちょっとなぁ。
スタイルを変えない頑固さも結構ですが、お客さんを楽しませることを考えていかんと
本人が漫談の領域を狭めているよーに思えてなりません。

第4位 中山功太(459点)
よく聞くフレーズや本のタイトルなどを対義語で表すと・・。
発想も良く、練られたネタとは思いますけど
あべこうじ同様、お客さんを置いてけぼりなんすよねぇ。
触れ合ってるよーで、少しも触れ合ってなく
余裕がないのか終始 作り笑顔がコワイなーと。
ネタを変えてきたことは評価しますが、芸人として越えなければならん壁があるんじゃないでしょうか。

第3位 世界のナベアツ(469点)
3の倍数と3の付く数字でアホになる・・の応用編。
ワシめはナベアツ大好きなんですけど
お客さんが このナベアツの世界観についていくのは、鳥居みゆきよりも大変だったかも知れませんね(笑)。
録画したものを何度か観ていると
そのネタの高度さが非常によく分かります。
そういった事情でテンポが少し悪くなったのが惜しかったですな。

第2位 芋洗坂係長(472点)

中年サラリーマンの あるあるネタと哀愁漂う(?)替え歌&ダンス。
彗星の如く現れた芋洗坂係長。
観るまで「ホンマに誰やねん!」て感じだったのですが
その風貌と体のキレで観客の心を鷲づかみにしてまいましたね~。
まーぶっちゃけお客さんがユルかったかなとも思うのですが(笑)。
ネタ自体は替え歌とダンス・振り付け押しだったので
キャラの目新しさが無くなってきた時が、ホントの勝負になるんじゃないかなと。

第1位 なだぎ武(474点)
文化祭の出し物をKSKで考える高校生(笑)。
いやーこのネタの完成度は何なのでしょう!!
結果、2位とは2点差だったんですけど
芋洗坂係長は勢いで肉薄した2点やと思うので
総合的に見れば なだぎ氏のぶっちぎりだったんじゃないでしょうか。

芸人の好き嫌い差っぴいても一番面白かったのは
やっぱり なだぎサンになると思われ。


・・ということで、なだぎ武 氏が2年連続で優勝と相成りました!!
いやーメデタイ♪
正直、前回優勝者のプレッシャーもあり
今回なだぎサンの優勝は難しいんちゃうかなと思ってたんすけど
ここまでレベルが違うとわ。。ホント脱帽ですよね。
個人的にナベアツや芋洗坂係長、鳥居みゆき も評価高いんすけど
相手が悪すぎましたなや~(笑)。

個人的に順位をつけると

第8位 あべこうじ
第7位 中山功太
第6位 土肥ポン太
第5位 COWCOW山田よし
第4位 鳥居みゆき
第3位 芋洗坂係長
第2位 世界のナベアツ
優勝 なだぎ武

・・と、なります。ハイ。
どーしても目新しい芸人さんへの評価が高くなるんすけど、なだぎ氏は結果出してきたんやし
所謂 決勝常連組(準決勝敗退した人も含む)の奮起に期待したいですねぇ。
若手には厳しい大会かも知れませんけど
「ネタの面白さを認めさせれば、そこまでの有名無名は関係ないんやなー」と
芋洗坂係長を観てて思いました。・・ま、芋洗坂係長40歳なんですけどね(笑)。

ランキングバナー
DVD『大輔宮川のすべらない話』の雑感。★★★★
2008年02月15日 (金) 23:55 | 編集
DVD『大輔宮川のすべらない話』ようやく観れましたよ~♪

※一応 話のネタバレがないよう書きますが、未見の方は ご注意を。

『人志松本のすべらない話』のスピンオフなワケでございますが、
プレーヤー同士の距離&関係性がグッと近いからか
学校の放課後のような、部活の帰りのような
そんなアットホームな雰囲気で『大輔宮川~』は繰り広げられたと思います。
そして地上波ではなかったので、下ネタ率が高かった(←予想してましたけど。笑)。

今回ホスト役の宮川くんですが
軸になっただけに、流石にバランスも考えてたよーで
普段からこれぐらいの割合で喋ったらオンエア回数も増えるやろと(笑)。

その分のヨゴレを買ったんかどーか知らんですけど
とろサーモン久保田氏の話が、どれもギッリギリな内容だったかも(汗)。
面白かったことは面白かったんすが、
時とか場所とか視聴にTPOを考えてしまうDVDになってしまったのは
ほぼ彼のせいだしょう(笑)。

兵動氏はこの番組がキッカケとなって
『人志松本~』でもブレイクしており、その片鱗も楽しめる内容になってやす♪
勢いと技術を この時点で彼は兼ね備えとったんだなぁ~。

他のプレーヤーのケンコバ、ナベアツ、竹若さん、原西さんも
それぞれに持ち味が出てて
“キャプテン宮川”バージョンで本家と遜色ない面白さが出てた思いやす♪

個人的には未公開で原西さんが話した「ゲルちゃん」の話が
爆笑だったんすけどね~。
個人のプライバシーを配慮してCSの電波にも乗らんかったのかなぁ?

こーなってくるとやっぱり“千原ジュニア”版のスピンオフも気になるトコですが
プレーヤーからして
こっちはこっちで確実に“イタイ話”が多そうなだけに
購入するのは悩むなぁ(笑)。

ランキングバナー
『R-1ぐらんぷり2007』決勝の感想。★★★★★
2007年02月23日 (金) 21:28 | 編集
遅ればせながら、『R-1ぐらんぷり2007』決勝の感想です~!

『R-1』は何かとドラマを生み出しますねぇ(笑)。

※以下、ネタバレありご注意!
≫ "『R-1ぐらんぷり2007』決勝の感想。★★★★★" の続きを読む...
『M-1GP2006決勝』の雑感。★★★★★
2006年12月27日 (水) 12:34 | 編集
『M-1GP2006決勝』の雑感です!

ちょっと日が空いたので、今回はザックリとした感想で。

≫ "『M-1GP2006決勝』の雑感。★★★★★" の続きを読む...
★★★★『R-1ぐらんぷり2006』決勝の感想。
2006年02月19日 (日) 20:28 | 編集

R-1ぐらんぷり2006』決勝の感想です!

全体的に「昨年よか、何かトーンダウンやなぁ・・。」と思って観てたんすけども
最後に あの方がやってくれはりました♪

≫ "★★★★『R-1ぐらんぷり2006』決勝の感想。" の続きを読む...
★★★★『R-1ぐらんぷり2006』決勝進出者 決定!!
2006年02月16日 (木) 10:06 | 編集

「キャプテン☆ボンバーて誰やねん!

・・って、お前かえっ!!

そんなスタジオ観覧者&視聴者のツッコミがきっと巻き起こるであろう 今年の『R-1ぐらんぷり』(笑)。

てなことで、決勝進出者が公式HPで発表されまひた。

≫ "★★★★『R-1ぐらんぷり2006』決勝進出者 決定!!" の続きを読む...
Powered by . / Template by sukechan.