混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『レスキューファイアー』第51話(終)「最終決戦 ドンカエンを爆鎮せよ!」の感想。★★
2010年03月27日 (土) 23:46 | 編集

トミカヒーロー レスキューファイアー』第51話(最終回)「最終決戦 ドンカエンを爆鎮せよ!」の感想です!

やっぱりジョウカエン退場回が実質の最終回だったんやわ~(爆)!

宇宙空間でのレスキューファイアーVSドンカエン
ドンカエンは三幹部の力を吸収し完全体となり、グレートワイバーンGXのファイナルレスキューも効かず。

そこでファイアー1・タツヤの策によって、三幹部をそれぞれのビークル&フェニックスで切り離し
ドンカエン退治をタツヤの乗り込むレスキューキングに委ねることに。

で、他の4人が持つ“青き珠”をファイアー1エクスに結集させ勝利。

しかしドンカエンに止めをさすことはなく、凍結封印させ三幹部とともに宇宙空間を彷徨わせることと相成りました。

まぁ展開は王道といえば王道なんすけど、
これまでタツヤがアイデアを出して戦うような流れが殆どなかったと思うので薄味だったと思います。
だって そんな機転の利くヤツちゃうもんっ(爆)!

ラス前でせっかく4人に“青き珠”を託したのに
最終的にはファイアー1エクスに決着を任せてしまう脚本のKYぶりも最後まで すごかったと(笑)。


ワシめが脚本家なら
ドンカエンが強引に“正調ジョウカエン”をも取り込んで完全体になり圧倒的な力を見せるも
戦闘中“青き珠”がジョウカエンの魂に反応し、離脱させるような一撃を与えて
グレートワイバーンGXでファイナルレスキュー!・・てな感じで、最終回までジョウカエンを絡める話にすると思います。

「スカイチームのビークルは良いとして他のビークルは宇宙空間 平気なん?」とか
「あんな危険な生命体(ドンカエン)を宇宙ゴミにして、ほったらかしでええんかい!」とか

さすが『レスキューファイアー』、ツッコめばキリがありません(笑)。


ジャカエンが地球上に いなくなり、レスキューファイアーは一旦解散。一年後設定へ。
ユウマタマちゃんは結婚して、二世誕生も近いと♪
ユウマは地域密着の“め組の人”へ(弁当デカっ!笑)。
リツカは後輩を育てる指導官に。
ジュンはヘリコプターのレスキュー部隊へ配属。
ツバサは広報のモデルとなり、撮影に忙しい日々(←えー・・ないわぁ。笑)。
そしてタツヤは火の正しい使い方・付き合い方を考える修行の旅へ。
主役が世界中を旅する結末のパターンて、あまり良い印象がありません(笑)。

何だかんだいってヘリファルコンとの思い出を胸に“伊達メガネ”もやめ、
新たなレスキューの道に進んだジュンがオイシかったと思います。



・・いやー、何とか最終回に辿り着きましたね(汗)。
シリーズ全体の感想といたしましては、最後の最後までポイントを外した脚本だったなぁと。

まず、名古屋3部作は面白かったけど後半戦にやるもんじゃなかった(笑)。

毎回凝ったCGは抜群に良かったし、ひねくれた暴走キャラ・ジョウカエンも好きでした。
“タマちゃん愛”でどんどん壊れていくユウマも面白かった(笑)。

しかし そんな良いトコを更に活かす脚本は書けてなかったのではないでしょうか。
話の肝である重要なシーンを掻い摘んだかのような描き方では視聴者は感情移入せんということですね。
スタッフさんらはブランクあくよーですし、是非とも次の作品への大事な期間にしてもらいたいです。

といったところで、『レスキューファイアー』の感想は これにて終了でございます!
お付き合いくださった皆様に感謝。

ランキングバナー

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
【最後はイケメンで決めようと思ったらひでえことに(笑)。】 レスキューファイアーもとうとう最終回。 なんだろう、すごく長かった気がする……。 そんな最終回を飾るポンチ絵ですが、例によってあまり印象に残るファイアー1のシーンがなかったので、素面のファイアー4...
2010/03/28(日) 21:42 | 閑古鳥ぽよぽよ
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。