混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『弁護士のくず』case.8「名誉毀損!噂の女」の感想。★★★★
2006年06月02日 (金) 20:43 | 編集

弁護士のくず』case.8「名誉毀損!噂の女」の感想です~。

立った!クリリンが立った(爆)!!

北村さんとトヨエツの薩摩コント♪が観れたり
本編とは別コで、今回は北村さんの小ネタ祭りだったりします(笑)。

case.8の簡単なあらすじ。

主婦の湯川みちる は同じマンションに住む主婦グループのボス・保住に
売春していると噂を立てられ、名誉毀損で訴えることに。

みちるの夫も、自分が浮気したことの仕返しに売春したのではないかと疑っているようで・・。

主婦グループの一人、根津から話を聞く九頭武田
どうやら保住は、渋谷で男と一緒にホテルへ入る みちるらしき人物を見たらしい。
法廷で証人になってもらうよう頼む武田だが
既に保住に脅されていて根津はおろか、どの主婦からも断られてしまう。

一方、娘の美月のことで学校に呼び出される九頭。
美月の机からカンニングペーパーが出てきて、カンニングをしたと疑われるのだが
父親の九頭は一切 美月をフォローせず(汗)。

ハナから美月がやってないと信じていた九頭。
しかし美月は、そっけない九頭の態度に疑われていると思い 落ち込んでしまう。
美月がクラスでイジメにあっていることを徹子から聞き
父親らしく接するよう叱咤激励された九頭は、何故か美月を連れて あのマンションに向かうのだが・・。


今回の脚本は序盤の『仮面ライダー響鬼』を手がけた きだつよし氏。
もとのマンガにはない美月の小学校のエピソードを盛り込み
法廷での和解と共に、父親の九頭の言動から
何かをつかんだ美月が自ら行動を起こし解決していくという展開は「さすが きだサン!」というところ♪

マンガの九頭は父親らしいところが これっぽっちもなく、小学生相手に下ネタの連発ですけんね(汗)。
たとえ娘でも まずは自力で解決させようとする。
放任主義なのかも知れませんが、今回は九頭なりの父親像が見えて良かったですよ~。

ただ、話を盛り込んだことで
少し本編がぼやけたというか、種明かしの後半をギリで まくるしかなかった感じも します。

原作も そうなのですが、後半の急激な展開が『弁護士のくず』の見所なため
ハマった時は鮮やかやけど、話を追っている側を「アレ?」と置いてきぼりにしてしまう結びな話もあって
そういった意味でも好みが分かれる作品なんやなーと思いましただ。

今回の名誉毀損も また難しい訴訟ですよねー。
九頭が前半で言っておった
“事実でも名誉毀損で訴えることは出来る”が、みちるのグレーなところに繋がっていくとは思いませんでしたなぁ。

また、偏見を交え主観で話したことは証拠にはならないと。
保住を演じた深浦さんが まさにハマリ役でしたね(笑)。

眼鏡をかけているからといって ちゃんと見えているワケじゃないというのも
色々考えてしまいましたさー。
自分の立ち居振る舞いなんかも見直すべきなんでしょうけんど、
他人一人一人の所作を己の“当たり前”で判断しちゃーイカンなぁ云々・・。

ランキングバナー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
くず……自分の子供に万引きを勧めるとは何事かーーー!!美月ちゃんがしっかりした子でよかったーー。
2006/06/03(土) 08:01 | あっちゃん語録
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。