FC2ブログ
混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
『怨み屋本舗』最終回感想&総評。★★★★★
2006年09月30日 (土) 19:46 | 編集
ついに『怨み屋本舗』も最終回を むかえやした。
最終回の話だけはラス前の週と合わせての前後編で
ドラマとしての一応の“締め”に苦しんだ感じもしたんすけど、
最後の最後まで“我が道”を突っ走ってくれました♪

最終回の見モノだったのは、権藤警視総監役の寺田さんの怪優ぶりと
野田刑事役のマイク・ハン氏のイカレっぷり(笑)。
マジでゾッとしたなぁ(滝汗)。
あんな警視総監は物語の世界だけのものだとしても
追い詰められた野田のような状態にはリアルなものを感じました。

本来は“怨み屋”が自ら行かんでも良いところを
ラストに向かう2~3週に絡ませたのも、主人公やからこその配慮・・とも取れますけんども
リスクを背負ったぶんだけの逆算は しっかりしていたようで
「“怨み屋”は あえて隙を作っていたんだなぁ」というのも怖かったっす。

寄木が“怨み屋”の謎に一番近づけたんでしょうけど
ラストは また遠く離れてしまったのが、何とも言えない このドラマらしさで(笑)
そんな寄木にも“怨み”の連鎖が・・という締めも、何とも後味悪くて面白かったです♪

木下あゆ美 嬢的には“怨み屋”というキャラ自体の幅が狭くて大変やったとは思いますけども
作品のクオリティー&評判の高さから、株は かなり上がったんじゃないでしょうか。

一応、『怨み屋本舗』続編の含みを持った終わらせ方だったので
是非に作って欲しいですけども
各役者の皆様の他の作品への期待の方が大きくなりました♪

またこの枠は“ちょいエロ”路線に戻ってしまうよーですけんど(笑)
『怨み屋本舗』のような路線も
これから先 忘れないで作ってもらいたいですじゃ。
ともあれ、スタッフ&役者の皆様お疲れ様でした。更なる活躍を楽しみにしております♪
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.