混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ライオン丸 G』EP-8の雑感。★★★★
2006年11月23日 (木) 16:01 | 編集
ライオン丸 G』EP-8の雑感ですっ!

ある意味カラダ張ってる、波岡くんの役者魂に泣きそうになりまひた(笑)。
 主演って大変やなぁ~・・。

※以下、ネタバレあり ご注意!!
EP-8の簡単な あらすじ。

 非情に徹し、時田を追い詰める錠之介。
 サオリを巻き込みかねない錠之介の やり方に獅子丸は怒る。
 互いに変身し、2度目の対決となるが
 ライオン丸は またもタイガー・ジョーに敗れる。

獅子丸は意識の戻った亜仁丸の話から、錠之介がシャドーを制していたことを知る。
 横浜で、スカルアイをつけた“カブキモノ”が
“怪しげな術”を使う者たちに襲われる事件が発生。
 豪山興業のジュニアに またもや呼び出された獅子丸は
 錠之介に誤解を謝り、とりあえず関係修復(汗)。
 2人で“カブキモノ狩り”の犯人を捜すために横浜へ。

 錠之介は獅子丸を連れて
 かつての用心棒仲間で、今は探偵をしているユリの事務所を訪ねる。
 危ない仕事から足を洗ったユリは否定するが
 錠之介、そして豪山も
 今回の事件は“青く光る目”の能力を持つ、ユリの仕業だと睨んでおり・・。


 ハリセンボンのシーンから、Aパートは衝撃の連続でしたね(笑)。

一番笑ったのは、清水よし子(byピンクの電話)の出オチでした(爆笑)。
 何か来るのは読んでましたけど、オチが よし子ちゃんなのは 全く予測出来なかったですじゃ~。
 あまりに意表をつかれて、本編から脱線しそうになるほど笑い転げましたよ♪

最近ジュニアのコスプレが、更に冴えてきたよーに思います~。
“フレンチカンカン”の格好をした人自体、 ものすご久しぶりに観た気がしやす。
ナイス、コスプレ チョイス(笑)♪

反対に本編は渋い展開でしたねぇ~♪
ユリ役の清水ゆみサンの雰囲気が とても良いです。
 また、錠之介とユリが組んでた頃の殺陣シーンも
シルエットを効果的に活かしたライティングと編集で メチャメチャ格好良い映像だったっすよー。

それにしても、 足を洗ったはずのユリの狙いが何処にあるのか絞りきれなくて
“カブキモノ狩り”の異常な光景が映える演出でしたね(滝汗)。

 錠之介の戦っている理由が出てきて 人間的な部分を感じ、
ホッとしながらも切なくなりました。
 真実を見つけた時の錠之介のことを考えると、今からコワイっす(汗)。

 番組内で初めて喋った“スナックZ”のマスターとユリの関係も気になります~。
 ユリの話が完結したら、マスターは また喋らなくなるのかなぁ(笑)???

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。