混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ライオン丸 G』EP-13(終)の雑感。★★★★
2006年12月29日 (金) 13:18 | 編集
ライオン丸 G』EP-13の雑感ですっ!

“腐っても、サオリ”(笑)。

タイトルについた“G”の意味が、最終回で何となく分かった気がします(泣)。

※以下、ネタバレあり ご注意!
EP-13の簡単な あらすじ。

豪山の誘いを断り、果心居士は戦うも邪悪な豪山の力に倒されてしまう。

サオリ&コスKが果心居士から預かった2つの刀は、獅子丸と錠之介のもとへ。
果心居士を助けに行こうとする獅子丸を
2人で力を合わせなければ豪山には勝てないと制する錠之介。
獅子丸と錠之介による“打倒 豪山”への特訓が始まる。

獅子丸と錠之介が港の倉庫に身を隠し、一週間。
刀の波動がつかめずにいた豪山は
獅子丸と錠之介を誘い出すためにシャドーたちをネオ歌舞伎町に放ち、
ホストクラブ〔Dreamin'〕、コスKの通う学校、そしてスナックZと、
係わり合いのある人たちを次々と斬殺!

何処とも連絡がつかず、一旦 ネオ歌舞伎町に戻った獅子丸とコスKは
戦慄の光景に泣き叫び、怒りに震える。
これで波動をつかんだ豪山は・・。


まさかまさかの展開に絶句しそうになりました。
愛すべき(?)登場人物たちが豪山によって悉く殺されてしまうとは・・(悲)。

“殺戮シーン”を初見で観た時は 物語の破綻のよーにも思えたんすけど
獅子丸たちと同じく、視聴者も
豪山の“悪”への怒りの感情が沸いたのではないでしょうか。
これは凄く乱暴な展開のようでいて、怒りの全てを最終回にぶつけるための
緻密に計算されたプロットだったのではないかと・・。

一週間とはいえ、体を鍛えた獅子丸や
もとから強い錠之介が変身しても勝てない相手・豪山とは、何たる巨大な悪なんやろう(汗)。
これほどの鬼畜は蓮司さんじゃないと、リアリティー出なかったかも知れません。
そして、豪山を倒すために錠之介が選んだ“道連れ”という結果にマジ凹みましたよ~(涙)。

直前まで親の仇が豪山だと知らなかったとはいえ
錠之介は豪山興業に雇われ、沢山の人の命を殺めてきたから
こういう最期もあるかなと思ってましたけど、それでもやっぱ悲しいですね(号泣)。

救いだったのはサオリが錠之介の子供を身ごもっていたこと!
過程はどーであれ(笑)、錠之介の遺伝子を継ぐ子が生まれるのは素直に良かったなと。
・・とわいえ、母親がサオリですから
たとえシスターになろうとも、“腐ってもサオリ”ですから(笑)
コスKが教育係にならない限り、子供は確実に下品な子になってしまうでしょうね。
いや、反面教師でシッカリするかも???

結局、獅子丸は誰の命も救うことが出来なかった。
でも、悲しみや自分の弱さを知って生きる獅子丸は強くなり
誰かを守る力を得たのでしょうね。
2つの刀を持って、狭い路地を歩く獅子丸に そんな強さを感じました。


ああ、ホントに終わってしまったんやなぁ・・。
もう1クールぐらい続けてもええんじゃないかってくらいハマって観ましたよ~。
“下ネタが受け入れられるか、られないか”で賛否両論 分かれた番組でしたが
殺陣・アクションのアイデアや画の撮り方は超一級品だったと思います!
DVDを手に入れるかは、その“下ネタ”で迷とるわけですが(笑)。

惜しいなと思うのは編集が ちと荒いトコ(←マジで時間が無かったんでしょうね)と、
後から思うに“偽小指の時田”の話を削って
錠之介のヒトトナリが分かるユリの話を前倒しにして
獅子丸と分かり合える時間に もう2,3話費やしても良かったかなと。
んでも不満は それくらいで、ホントに面白かったっすよー♪

蓮司さんの存在感、エンケンさんのコスプレ・・もとい(笑)狂気。
そして、“幻の舞台怪優”大久保 鷹さんをTVで観れて嬉しかった!
おそらく2度と観れない奇跡のキャスティングだけでも充分やのに
ぶっ飛んだ作品を完成させてしまった役者・スタッフ陣に
心から感謝して、感想の結びとさせていただきます♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。