混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『仮面ライダー電王』、第2話 「ライド・オン・タイム」の感想。★★★★★
2007年02月04日 (日) 11:48 | 編集

仮面ライダー電王』、第2話 「ライド・オン・タイム」の感想ですっ!

車内の高岩さんがメッチャ楽しそう(笑)。

初回の提供ナレの「電王」の発音もダメ出しで直され(笑)、その使命も明らかになり
2話分合わせてツカミは非常に良かったと思います♪
白鳥百合子DVD 『face ~キリッと白鳥 まったり百合子~』
秋山莉奈DVD『K21』
第2話の あらすじは・・。

謎のエネルギー体(=モモタロス)に憑依(?)され、デンライナーの乗客・ハナに言われるがままに
“電王”に変身する良太郎。
良太郎の意識と交代して現れたモモタロスの“ソードフォーム”の活躍もあって、バットイマジンを倒す電王。

ハナとともにデンライナーに乗りこんだ良太郎。そして実体を現す“イマジン”モモタロス。
ハナ曰く、未来から2007年にやってきた侵略者“イマジン”は人間の体にとりつき
その人が持っているイメージを使って体を作るのだという。
かくしてモモタロスも良太郎のイメージによって体が作られたのだが、モモタロスは不満タラタラ(笑)。

テツオと契約したバットイマジンは実は倒されておらず、街行く人を襲ってはキーホルダーを奪い・・。

“イマジン”は とりついた人間の望みを一つ、何でも叶える代償に
その人の“過去の時間”をもらい、“過去と今と未来”を変えようとしている。
望みを言わなければ“契約”は完了しないことを良太郎に教えるハナ。よって、身動きの取れないモモタロス(笑)。

バットイマジンが電王によって倒されたものと思いこんでいた良太郎は
ハナが拾ったキーホルダーをテツオに返しに行くのだが、
“ミルクディッパー”の常連客でカストリ雑誌の編集員・尾崎から
怪物が人を襲ってキーホルダーを奪っているという事件を聞き・・。

(以上、公式HP参照)


なんといってもモモタロス♪あー面白かった。
人間くさくてコミカルで、難しく考えないで戦えるモモタロスは ええキャラやなぁ~。
デンライナーの変形で手当たり次第の攻撃をかけるとこは無茶苦茶ですよね(汗)。
まるで『ワンピース』のフランキーのよう(笑)。
ドラマパート&殺陣と高岩さんのスケジュールがハードそうですが
是非とも無事故で1年間やり通してほしいです!

“過去の時間”を手に入れて、“過去と今と未来”を変えるというイマジンの目的も分かりましたが
となると、何ゆえ2007年にイマジンが出現したのかというのが気になりやす。

“タイムスリップもの”は どれだけ矛盾を納得させるかというのは大事やと思うんすけど、

1.デンライナーが目的もなく常に走っているときは どういった状態なのか(何処へ向かうor回送?笑)?
2.一旦、デンライナーに乗車していた良太郎が
“今”に戻ったときの時間の進み具合(乗っていた分だけロスになっているのか?)。
3.良かれと思った行動だとしても、良太郎が少しでも“過去”を変えてしまった影響は?

・・などなど、疑問も沸いてきました。
3番目のについては中盤もしくは後半で使う伏線にもなりそうかなぁ・・と思ったりしてます。
“タイムパラドックス”ネタは結構好きなんです、ワシ(笑)♪

田さんの今回の演出はコミカルな部分が目立ちますが、残酷な描写も多かったかなぁ。
バットイマジンが人を襲うシーンは想像するとかなり怖い(汗)。
でもコレ『龍騎』の時もコミカルとリアルなシーンが対照的でしたけんどもね~。
あ、憑依した人間は無事でイマジンだけを倒すことが出来るのは良い設定やなと♪

“今”と“過去”をシンクロさせる画は 苦労しそうですね。
“過去”だと分からせるのには、文字を挿入させるのが一番簡単なのは分かりますが
出来れば その時の時事的なモノとかで見せる方が良いよーな。
んでも毎度色んな“過去”に行ってたら、これもキツくなるか(笑)。

ハナは さすがに喋りだすとキャリアが ちと出ちゃいますね。まー、今後 鍛えられれば良いですじゃ。
あー、でも未来から来た子やから、少し“バー”っぽくてもエエのか(笑)。
表情やツッコミの素養は なかなかのもんやと思います。うん、この子は育てば伸びる子(笑)!

テツオが どうしてキーホルダーに固執するのかは、過去の記憶と後悔にあったからなのね(悲)。
バットイマジンに とりつかれたテツオをただの不良だけでは終わらせないところは
小林靖子先生の腕の見せドコロでしたなぁ♪

【お知らせ】ブログルポ内に作った特撮のシェアブログ(詳細は右サイドバーのバナーかコチラの記事から☆ )、随時 参加者募集中でございます!新シリーズを機に皆さんもどうですか(笑)?宜しくお願いしますっ。

ランキングバナー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
それぞれのキャラが走り始めた2話。今日も楽しく見れました♪「あ、できた?」モモタロス、カワユス。
2007/02/04(日) 14:12 | ひだまりでおひるね(旧あっちゃん語録)
仮面ライダー電王 第2話「ライド・オン・タイム」脚本 小林 靖子 監督 田崎 竜太アクション監督 宮崎 剛(前回のあらすじ)史上最悪の運の悪さを持つ野上良太郎。ライダーパスを偶然拾った事から時の運行を守る「仮面ライダー電王」として未来を変えようとするイマ
2007/02/04(日) 20:41 | ふぁくとりいD
仮面ライダー電王の第2話を見ました。第2話 ライド・オン・タイムバットイマジンとの戦いを終えた良太郎はハナに誘われるまま、デンライナーの車内へ乗り込む。「本日もデンライナーのご利用まことにありがとうございます。客室乗務員のナオミで~す♪御用がある時は気軽..
2007/02/05(月) 07:02 | MAGI☆の日記
「ライド・オン・タイム」脚本:小林靖子監督:田竜太アクション監督:宮崎剛闘いを終えデンライナーに乗り込んだ良太郎。ホッとしたのもつかの間、良太郎の体からこぼれた砂が、赤鬼の姿になり話しかけてきた・・・。感想の前に。>そして最初の敵がコウモリなのもお約束
2007/02/09(金) 22:11 | お萌えば遠くに来たもんだ!
昨夜寝るのが遅かったので、今日の電王は、とりあえず録画。さっきようやく見た。今日が2回目なので、全体として、今度の仮面ライダーの設定の説明のような感じだったが、割と面白いかも。今度のライダーは、バイクに乗らず電車で移動するとYAHOOニュースに出てた割には、
2007/02/11(日) 11:26 | uranus planet world
やべ…、仮面ライダー電王の第2話、またまた面白いじゃん。♪イージャン、イージャン、スゲージャン… _| ̄|● (←?)ストーリーの方は公式サイトで!仮面ライダー電王 第2話「ライド・オン・タイム」デンライナーに乗った良太郎は初めてモモタロスを見て気絶…。気が弱
2007/02/11(日) 20:39 | OPUS MAGNUM
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。