混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『仮面ライダー電王』、第3話 「アウトロー・モモタロー」の感想。★★★★
2007年02月11日 (日) 11:11 | 編集

仮面ライダー電王』、第3話 「アウトロー・モモタロー」の感想です♪


こうしてこの頃から借金取りに追われ、獅子丸は落ちぶれていくのでした(←話混ざっとるまざっとるっ、笑)。
デンライナーは2011年にでも行くつもりでしょうかね?ダウンサービス!
『ライオン丸G』といい、波岡くんはダメ男の芝居が巧い(笑)♪ちなみに波岡くんが隣にいると、良太郎のカラコンが“スカルアイ”に思えてしまうなぁ。
白鳥百合子DVD 『face ~キリッと白鳥 まったり百合子~』
秋山莉奈DVD『K21』
第3話の あらすじは・・。

テツオに憑依したバットイマジンを追って過去に向かった“電王”。
良太郎とモモタロスは一致協力して(笑?)イメージの暴走したバットイマジンを倒し、“時の運行”を守る。

モモタロスの無茶苦茶な戦いのせいで、取り付かれた良太郎の体はボロボロ。
自転車にも乗れず歩いていると借金取りに追われる山越にぶつかり、そのまま巻き込まれる。
しかし、気を失った良太郎に代わりモモタロスが暴れ、借金取りをコテンパンに。

この良太郎(+モモタロス)の破天荒ぶりに、山越は感動(笑)。
「センパイ」と慕い、良太郎の力を利用して大胆な計画を立てる。

警察に追われるもデンライナーに乗り込み、事なきを得る良太郎。
その車内で良太郎は、ハナにデンライナーのオーナーを紹介される。

帰宅する山越。玄関には取立て屋の中傷の張り紙。
部屋の中には仲間とバンドでライブにあがった山越の写真が・・。
そんな山越に目をつけたカメレオンイマジンが姿を現して・・。

(以上、公式HP参照)


いつもの長石演出と比べれば、今回は好感が持てました(笑)。
暴力的な描写を最小限に抑えましたしね~。

あ、記事でフライングしてしもーたのですが、“モモタロス”のネーミングは今回だったのねと(汗)。
「イマジンのフォルムは契約者によって決まるから、元から名前があると おかしいなぁ?」と思いつつ
公式HPで名前バレしてたので、まんまあらすじに書いてました。スンマセン(笑)。

・・ところで、もうさっそくコーヒー淹れてねぇよ!愛理姉ちゃん(爆)!
いや、最初から ぶっ飛んでくれてた方が慣れるか・・。あれが“賄い”じゃなく、“うどん湿布”でギリセーフね(笑)。

更に輪をかけて不思議ちゃんなのが、オーナー謙二郎さん。
あのリアクション、予告で観たときからワシは一人で練習しています(←いつ使うんだ!笑)。
変わり者の設定は『カブト』博太郎さんから踏襲しているんでしょうかって、
平成仮面ライダーに出てくる大人は基本的に変わり者ばかりですけどね(笑)~。

今回ゲストの波岡くんはレギュラーに入ってほしいですよねぇ。
安定感が他の若手とワケが違います!
このまんま“ミルクディッパー”に居てもおかしくないキャラというか、野郎どもを仕切ってほしいというか(笑)。
1,2話のテツオの話にウルッと来たので、今回の山越はフリから もー泣きそう。

取立て屋の中に伊藤さんが何気にインサート(笑)。やられっぷりは流石の一級品!
ちなみに『マイ☆ボス~』でアグネスプリン争奪戦に登場する
坊主頭の役者さんもいましたね、確か(どっちも見間違いだったらスンマセン)。

クリーチャーデザインは『牙狼』の韮沢靖さんだったのですな♪・・って『カブト』なども そーでしたけんどね。
『カブト』だと三島ネイティブのデザインとか後半に出てくるのは好きですけんど、
イマジンのデザインは最初から『電王』の世界観にピッタリあってる感じがしやす♪
『ボウケンジャー』もそうでしたが、設定など大なり小なり『牙狼』の影響を受けている特撮が増えてきたよーな。
あくまで“エッセンス”の域ですけんどもね。そう考えると『牙狼』ってスゲー作品やなぁと。

次回予告やと
気絶してるうちにモモタロスが自分の体を使い、いらんことすることで良太郎と溝が出来るよーですね。
良太郎はトータル、運が無くて(麒麟の田村くんか!笑)虚弱ですけんど
物事の善悪とか、信念は一本スジが通ってるのがエエですじゃ♪
早速観る前から「面白そー♪」と燃えてしまいましたよん(笑)。

【お知らせ】ブログルポ内に作った特撮のシェアブログ(詳細は右サイドバーのバナーかコチラの記事から☆ )、随時 参加者募集中でございます!新シリーズを機に皆さんもどうですか(笑)?宜しくお願いしますっ。

ランキングバナー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは!

波岡くんはダメ男の芝居が巧い>

本当にその通りだと思います。
真面目風なCMも見かけますが、
こっちの方が(ダメ男風)自然に見える
のは、流石だと(笑)
2007/02/12(月) 12:33 | URL | saki #-[編集]
sakiさん♪
TB&コメント有難うゴザイマス!

ちょうどあのCMと『ライオン丸G』の放送って
同じ時期に流れてたもんですけん、
「どっちが素に近いんじゃろう?」と思ってみたり(笑)。

『のだめ~』やら『たった一つの恋』とかも出てますけど、
弱い感じ&ダメさ加減とかが
波岡くんには一番シックリくるなと
思います♪
2007/02/12(月) 15:41 | URL | 青いパン #hiiZJbic[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
仮面ライダー電王 第3話「アウトロー・モモタロー」脚本:小林靖子 監督:長石多可男アクション監督:宮崎剛(STORY)デンライナー車内。何故か知恵の輪で暇を持て余すモモタロス。車中に入るなりディオ、もといモモタロスをどつくハナ。モモタロスの激しい動きに体
2007/02/11(日) 17:36 | ふぁくとりいD
今週の電王今回がモモタロスの命名式となりましたが、 いや~、モモタロスいいねぇ{/up/}(もちろん)ハナにボコられたりするとこも笑えるんだけど、知恵の輪はずせなくて「キーッ」ってなったり、良太郎に悪いと思ったのか洋服代の9350円を山越に請求したりするのって
2007/02/11(日) 21:32 | だいすけでした(^^)v
 知恵の輪中のモモタロスをまた思いっきりぶっ叩いたハナちゃんがイケてる。ハナパンチ&ビンタが炸裂で楽しいっっ。なんて素敵な叩き方なんでしょう☆モモタロスへの一切の迷いも遠慮もない所がいい。そして自
2007/02/11(日) 22:42 | hobbies日記
第三話 アウトロー・モモタロー 電王として戦う決意を固めた良太郎だったが 慣れない戦いに疲
2007/02/11(日) 23:59 | ヤジャの奇妙な独り言
仮面ライダー電王の第3話を見ました。第3話 アウトロー・モモタロー「ちょっと!!」知恵の輪をやっているモモタロスを叩くハナ。「何すんだ!?いきなり」「あんたが無茶な戦い方するから良太郎の体、ボロボロになってるよ!!」「ふ、この俺がダメージ受けるような戦いするか..
2007/02/12(月) 08:29 | MAGI☆の日記
「アウトロー・モモタロー」脚本:小林靖子監督:長石多可男アクション監督:宮崎剛過去に於いて、巨大化バットイマジンを倒した電王ソードフォームだったが、「俺の体はボロボロだ!」状態の良太郎。今日も今日とて、見知らぬ男に自転車ごと階段から突き落とされて・・・。
2007/02/12(月) 16:09 | お萌えば遠くに来たもんだ!
なんだか良太郎君がかわいく思えて来ました。いい感じ~♪モモタロスってネーミングはセンス悪いと思うけどね(笑)良太郎の不幸体質ってずっと続くのでしょうか?ヒョウイされて強くなったりしても都合の悪いところで元に戻ったり、勝手にお金使われて貧乏になったりします
2007/02/13(火) 09:15 | ひだまりでおひるね(旧あっちゃん語録)
こんにちはTBさせていただきました☆ 今回で3話目、ようやく2人目の敵が出てくる回で
2007/02/13(火) 12:03 | 仮面ライダー電王 秋山莉奈 観察ブログ
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。