混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『仮面ライダー電王』、第7話 「ジェラシー・ボンバー」の感想。★★★
2007年03月11日 (日) 11:22 | 編集

仮面ライダー電王』、第7話 「ジェラシー・ボンバー」の感想です~。

ある意味 今回は“ミルク・ディッパー”救済措置だったのかも知れないっすね(笑)。
白鳥百合子DVD 『face ~キリッと白鳥 まったり百合子~』
秋山莉奈DVD『K21』
第7話の あらすじは・・。

ウラタロスとパスを共有することを決めた良太郎。
そのウラタロスの変身する“電王ロッドフォーム”の活躍のおかげでクラストイマジンを倒すが
モモタロスは少々不満が残る様子。

2体のイマジンに体を使われているせいか、良太郎は疲れ気味。
ウラタロスは またもモモタロスを騙して良太郎の体をのっとり、遊園地で女の子たちと遊びほうける。

良太郎が目を覚ますと、そこは見知らぬ女性・斉藤優美の部屋。
状況をようやく飲み込めた良太郎は、慌てて優美のアパートから出て行くも
その様子を只ならぬ嫉妬の眼差しで見つめる男・大林友也の姿が。

根は明るい感じの優美だが、頭によぎるメロディーに表情が一瞬暗くなる。そんな優美にイマジンが憑依!

優美と契約したクロウイマジンは次々に
あのメロディー(=ビバルディ<四季>『春』)を奏でるモノや演奏者を「消去」とばかり襲撃していく!

“良太郎+モモタロス”はクロウイマジンの気配をかぎつけて、電王ソードフォームに変身し戦うも
空を飛ぶクロウイマジンに逃げられる。

クロウイマジンの契約者は誰なのか良太郎が捜し始めようとしているところへ、姉・愛理から電話が入り
“ミルク・ディッパー”にやってきた友也に呼び出され・・。

(以上、公式HP参照)


ゲストが栗原 瞳嬢だっただけに、演出が『龍騎』チックでしたね~。
面白いこた面白かったんですけど、石田演出ふざけすぎたかも(汗)。
まぁ、いつものことなんですけどね石田さん(笑)。
小林脚本の完成度のおかげで、何とか暴走を持ちこたえたという感じでしょうか。
「『龍騎』チックなのが悪い」とは言いませんが、シリーズ序盤に この演出は少々早すぎたかも(笑)。

遊びというか、画に余白が多すぎるというか、全体的に いつものシュッとしたテンポが今回無かったなぁと。
提供で明らかに本編に無いシーン入ってたしなぁ~。石田さん膨らまし過ぎたんやろーな、きっと。
いうてもソードフォームでバタバタする高岩さんや
寝落ちしたモモタロスをバシバシ叩くハナには笑いましたけどね♪

相変わらず、栗原さんはエキセントリックなな~。
この御方の役への化け方は真似できる人は少ないと思います。
クロウイマジンとの契約も含め、優美と『春』のメロディーとの“記憶の繋がり”が気になるところです。

そんな栗原さんより、今回 輪をかけてエキセントリックだったのは友也の方ですね(笑)。
Bパートの友也 怒り心頭の演出は『スチーム係長』がオマージュなんだな、きっと。

・・ええーっと、言わずもがな やりすぎです(笑)。

しかし、この友也の お蔭で(?)“ミルク・ディッパー”のキャラたちが活かされたのも事実で
暴走へ不安がよぎりながら、「少し軌道が出来て、良かったね君ら♪」と思ったり
“ミルク・ディッパー”は『龍騎』でいうところの
“花鶏(あとり)”と“OREジャーナル”を足して2で割ったような場所であることを、意義づけてくれたと思います。
・・はい、言いすぎですね(笑)。
とにかく、三浦や尾崎は こういう感じで活かされないとアカンっちゅーことですわー。

これで“デンライナー車内”と“ミルク・ディッパー”とで全く違う色が出ると面白いんですけどね~。

【お知らせ】ブログルポ内に作った特撮のシェアブログ(詳細は右サイドバーのバナーかコチラの記事から☆ )、随時 参加者募集中でございます!新シリーズを機に皆さんもどうですか(笑)?宜しくお願いしますっ。

ランキングバナー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
どうかコケないで…
今年はとりあえず、見ていて嫌~ぁな感じがするキャラがメインにいないのが救いです(笑)

それから、モモタロスのお茶目なアクションに、いちいちときめいてしまっています♪サスガかつてのニンジャレッド=高岩さん!

ジブン的には、モモタロス+ウラタロス+オーナーの掛け合いが、今後楽しみなところかな、という感じです。
2007/03/12(月) 17:31 | URL | SUZIE #yN.0D2cc[編集]
SUZIEさん♪
コメント有難うゴザイマス♪

小林脚本のマジックというか
どんな小さいキャラにも愛情がこもっているんやろなーと
最近 特に思います。

演者が頑張ればデンライナー社内のように(笑)、
“ミルク・ディッパー”のシーンも
自ずと道は開けてくるだろうと
今回は思えただけ良かったっす~。

高岩さんがドラマパートでも軸ですもんね(笑)。
石丸さんものってきたようなので
色々やってくれそうですなぁ~。
2007/03/14(水) 11:59 | URL | 青いパン #hiiZJbic[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ウラちゃんにころりと騙されて眠るモモちゃん。しょーがないなあと思いつつもやっぱりかわいかったりする(笑)そして、それを殴る蹴るの暴行を加えるハナちゃんは容赦がありませんf^_^;無抵抗の人(?)をそこまでする暴力っぷりはおねーさん、心配になります。いや、まあ
2007/03/12(月) 09:06 | ひだまりでおひるね(旧あっちゃん語録)
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。