混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ゲキレンジャー』修行その5、「ウジャウジャ!どーすりゃいいの?」の感想。★★★
2007年03月18日 (日) 21:39 | 編集

獣拳戦隊ゲキレンジャー』修行その5、「ウジャウジャ!どーすりゃいいの?」の感想です~。

ラーメンといい、中華まんといい、伊藤かずえサンは消えモノ担当なんですかのー(笑)?
修行その5の あらすじは・・。

臨獣殿の首領・理央が臨気を身にまとう姿=“黒獅子リオ”、そして“五毒拳”に敗れる夢を見るジャン。
初めての不安・ウジャウジャする感情に、ジャンは完全に気を乱してしまう。
そんなジャンにマスター・シャーフーはランの修行する神社へ向かわせる。

風に舞う落ち葉を、突きの早さでつかんでいくラン。
しかしランの この修行で、どうして不安が消えることになるのかジャンには分からず。

そんな時、“五毒拳”臨獣センチピード拳のカデムが街に出現!
“地獄の手数王”カデムのスピードに、ゲキレンジャーの中で唯一対抗できたゲキイエローは
石版を挟んで10秒間同時に打ち続け、拳の速さを争う“千拳万打”の勝負をカデムに挑まれ受けてたつことに。
石版を高速で打ち続けるイエローとカデム。
互角に見えた“千拳万打”は一発多く打ち込んだカデムが勝利するも、被っている頭巾に気を取られ一旦退却。

ランが“千拳万打”の勝負に敗れ、更に不安になるジャンだが
カデムとの再戦を前に、ランはひたすら突きの修行を続け・・。

(以上、公式HP参照)


ランの持ち味は突きの速さではなく、突きの正確さ。そして“心の強さ”だった。
話の展開としては結構好きな話だったんすけど『ゲキレン』は何か惜しいエピソードが多いなぁと(笑)。
『ボウケンジャー』とはまた別のダイジェスト感がありますね~。

今回 気になったのは、前回を受けての今回のジャンの感情の流れが
(不安が)今頃やってきたとか言われても、どーも繋がらなかったことですかね。
前回のBパートを観直したんですけど、ジャン むしろワキワキしてるし
理央に対抗意識メラメラなんですけどのーう(笑)。
完膚なきまでに叩きのめされた後に、悪夢を見るのなら納得なんですけど
「シャーフー助けといて、君は何だんねん!」と思ったりして(笑)。
無理にジャンをランのメイン回に絡めようとしてる感じがして、どっちも可哀想だったっすよん。
ジャンの心が強すぎたら成立しない話やし、ある程度はしゃーないですが。

迷わず、不安を振りほどくかの如く、己の突きを磨くランの姿は良いですじゃ♪
信じた道を突き進む姿はカッコエエなぁ~。
ランにも勿論 迷いはあったけど、素晴らしい師匠に付き
その言葉に励まされて自身の心も磨くことで、力に変えていったんやろなぁ。

臨獣殿サイドのキーとなりそうな“真毒”の存在は ちょっと面白そうですね。
残った最後の拳士が持ってるんでしょうけどねっ(爆)。“五毒拳”編2週目に見つかったら斬新ですけども(笑)。
“真毒”を手に入れてからの理央の強化が今から楽しみです・・って、手に入れること前提で書いてるな。アハハ♪

そして、カデムの頭巾に隠された素顔に驚愕(怖!)・・。
塚Pが担当の時の戦隊モノって、何で敵がこんなにグロいんやろう(笑)???

【お知らせ】ブログルポ内に作った特撮のシェアブログ(詳細は右サイドバーのバナーかコチラの記事から☆ )、一日平均60人ぐらい観に来てくださっているよーです。いやーありがたし♪随時 参加者募集中でございます!宜しくお願いします~。

ランキングバナー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 ゲキレンジャー第五話の感想です。
2007/03/19(月) 17:25 | 平成賞味期限
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。