混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ゲキレンジャー』修行その9、「ケナケナの女」の感想。★★★★★
2007年04月16日 (月) 10:38 | 編集

獣拳戦隊ゲキレンジャー』修行その9、「ケナケナの女」の感想です!

・・で、ケナケナって結局なんだんねんっ(笑)。平泉成さんが作る笛のこと(違っ)?
平田裕香DVD『また逢えたね。』

修行その9の あらすじは・・。

ゲキレンジャーの3人は“ゲキバズーカ”でゲキワザ“激激砲”を瞬時に撃てるよーになるため、修行を開始。

“五毒拳”最後の拳士、臨獣スネーク拳のブラコは理央を裏切り、メレを勧誘するも
理央に忠誠を誓うメレによって始末される。
・・が、ブラコは直前に己の指に隠していた“真毒”を使い蘇る!
秘伝リンギ“真毒”とは[死者に“死”を与えることで命を裏返し、逆に“生”を生み出す毒]のことで
死者として蘇るのではなく、自ら本当の命を得たブラコ。
メレはブラコと戦うも、ブラコの繰り出すリンギ“大蛇砲”を受けダメージを負ってしまう。

ブラコは“真毒”を使いモリヤとカデムに命を与え、瞑想中の理央を襲撃しようと もちかける。

一方、“激激砲”修行中のゲキレンジャーのところへ何故かメレが現れ・・。

(以上、公式HP参照)


これまで観た中で、今回が一番面白かったです♪「やっと来たな」という感じでしょうか。
でも、臨獣拳サイド&メレ祭りが面白かったということなので
まだまだゲキレンの3人には試練が続くとは思うのですがね~。・・なので今回は評価甘めです(笑)。

メレにとって“生きる”とは、理央の傍にいるということ。
“真毒”で命を与えるというブラコにも惑わされず
自分を地中から蘇らせてくれた理央への愛を貫いたメレは、ホントに けなげやなぁ(泣)。
・・ん?“ケナケナ”とは“けなげ”ということなのか???
メレが理央の力で蘇生したときと、ラストの“真毒”献上のときと
理央がメレの手を取ったシーンが重なる演出は、ものすごい好きですじゃ♪
そして、理央の手の暖かさの意味がメレの中で今後変化していくんじゃないかと観ると、これは切ないですね~。

はい、ぶっちゃけ激獣拳サイドの修行は今回も不満です(笑)。
激激砲を素早く撃つために、修行で激気を込める時間が短縮されていきますが
短くなってく数字だけ出して、コツをつかんだ過程がないのは やっぱ燃えないですよね。
特にジャンの役割が よー分からんというか、正直いらん子というか(笑)・・。
メレがブラコのリンギを見極めるために激激砲を利用したのと同様、
メレが受けることによってゲキレンジャーの3人が激激砲の威力が増してきたり
如実に早く撃てるよーになった・・みたいな相乗効果の演出はやって欲しかったかなと。

ヒーロー側に難がありますけんど、臨獣拳サイドはホントに燃えるものがありますよ~。
この偏りを良いというだけで片付けたくはないのですが、充実してるなぁと。

吉村元希さんは特撮初めて書いたんですかね?この御方は相当な腕前ですな~。
キャリアのある方みたいやし、吉村さんが今後も書いてくれたら
『ゲキレン』の評価は激変するやも知れません。いやマジで。

【お知らせ】ブログルポ内に作った特撮のシェアブログ(詳細は右サイドバーのバナーかコチラの記事から☆ )、一日平均60人ぐらい観に来てくださっているよーです。いやーありがたし♪随時 参加者募集中でございます!宜しくお願いします~。

ランキングバナー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。