混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『仮面ライダー電王』、第25話 「クライマックスWジャンプ」の感想。★★★★
2007年07月22日 (日) 13:04 | 編集

仮面ライダー電王』、第25話 「クライマックスWジャンプ」の感想ですっ!

イマジンをワサビ入りコーヒーでコントロールすれば、“時の運行”を守るのは容易かも知れないよーな(笑)。
『仮面ライダー電王』VOL.1 2007年8月3日発売
白鳥百合子DVD 『face ~キリッと白鳥 まったり百合子~』
秋山莉奈DVD『K21』
第25話の あらすじは・・。

良太郎の寝ているところにやってきた侑斗デネブ
ゼロライナーで連れて行かれたのは恐竜時代??
良太郎を待っていたのかウラタロス、キンタロス、リュウタロスの姿も そこに。
しかし良太郎が再び目覚めると、部屋に戻っていて・・。

昨夜の出来事をハナに話す良太郎。
ハナはウラタロスが良太郎の体を無断で使ったのか聞くも、ウラタロスには覚えが無い。
やはり良太郎の夢だったのか・・?

怪我をした三浦を愛理が病院へ連れて行き、
おせっかいなデネブのせいで(笑)良太郎と2人で“ミルクディッパー”の店番をすることになった侑斗。
その様子を喜んで見守るデネブの背後で、忍者と格闘する もう一体のデネブが通り過ぎる!?

一方、荷物を届けに“ミルクディッパー”に向かう男(=青木)の体には
スパイダーイマジンが取りついていて・・。

(以上、公式HP参照)


これまた“特別編”第2弾ということで、謎と話が入り組んでましたなー。
後編へのタイムパラドックスの謎解きと
劇場版へのバトン渡しが上手くいくか、ちと楽しみですじゃ♪
いつも以上にギャグテイストに溢れてましたけど(笑)、シリアスな部分もちゃんとあって
ギリを攻めたバランス感覚と話の組み立ての巧さで、とてもテンポが良かったなぁと。
舞原さんの演出は今シリーズん中でも好きです。

今回の本筋(?)になるスパイダーイマジンと青木兄妹の話も面白くなりそう。
お兄ちゃんの雅史の言動から察するに、妹のために時間を作っているようなのですが
これが後編へのプロットかな?
雅史役は、ハリケンイエローの山本康平さんですね。
ハリケンイエローに変身して、スパイダーイマジンと戦えばエエのにと思ったのはワシだけでしょうか(笑)?

ハナ&ナオミが急遽“ミルクディッパー”の店員に!
いやー、店番が変わると ずいぶん雰囲気も変わるなぁ~。
ワシは初めて“ミルクディッパー”に行きたいと思いました(えー。笑)♪でも尾崎はイラネ(笑)!
そしてコーヒーはナオミじゃなく、愛理が淹れたヤツで是非(懇願)。

それにしても今回の侑斗はデネブのせいで踏んだり蹴ったりでしたね。
中村くんは扱いの悪い役ドコロの方が好感度上がるなぁ(笑)。

止むを得ずゼロノスに変身して、キレながらの戦闘でしたけんども
感情を差し引いてもゼロノスの戦い方が実戦的で容赦ないのは
変身回数が残り少ないからなんやと推測します。
デネブも侑斗のブレーキ役になりながら、ベガフォームになるとキッチリ仕事しますしね。
てか、あと6枚しかゼロノスカードが無いのはハラハラする~。
途中で増えるとか制限なくなるとかは避けてほしいとは思いつつ(笑)、6回しか観れないのも寂しいなと。
電王同様、ゼロノスの殺陣にも非常にアジがあって面白いっす!

【お知らせ】ブログルポ内に作った特撮のシェアブログ(詳細は右サイドバーのバナーかコチラの記事から☆ )、一日平均90人(増えました!)ぐらい観に来てくださっております♪随時 参加者募集中でございますので、ご利用してみてくださいね!宜しくお願いします~。

ランキングバナー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。