混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『仮面ライダー電王』、第30話 「奥さん花火どう?」の感想。★★★★
2007年08月26日 (日) 14:32 | 編集

仮面ライダー電王』、第30話 「奥さん花火どう?」の感想ですっ!

うーん、奥さんと子供が あまりに点火台に近すぎるよーな(笑)。
『仮面ライダー電王』VOL.2 2007年9月21日発売
白鳥百合子DVD 『face ~キリッと白鳥 まったり百合子~』
第30話の あらすじは・・。

些細なことが原因で良太郎は愛理と喧嘩になり、“ミルクディッパー”を出て行くと
家出したデネブと遭遇。
自分のせいでゼロノスカードを残り一枚にしてしまい、侑斗にあわせる顔がないというデネブ。
形だけでも良太郎と“契約”し、侑斗を変身させないように電王をサポートしたいと懇願する。

花火職人の寺崎に取りついたブルーバードイマジンを見つけ、戦闘となるのだが
デネブの攻撃が電王に見事に誤爆(笑)。ブルーバードイマジンには逃げられてしまう。
「嫌なことがあったらコロコロ契約者変えんのかよ」と“モモ+良太郎”に言われ、デネブは・・。

ブルーバードイマジンに“女房に(自分の作った)花火を見せたい”という願いをした寺崎。
寺崎は5年前に勝手に会社を辞め、花火職人になった自分のせいで
妻は赤ん坊を連れて出て行ってしまったのだった・・。

(以上、公式HP参照)


今回はデカブルー“ホージー”の林剛史くんがゲストでござーました!
ワシめはいつ林くんが
ホージー風に横文字を使うかという間違った期待をしながら観てたりして(代わりにウラが使ってましたが。笑)
それにしても林くんは毎度観るたび芝居が巧くなってるなぁ~♪

本編自体も良太郎&愛理、侑斗&デネブ、そして寺崎のエピソードをリンクさせて
それぞれに解決する感じが良かったっす。
その中でも侑斗がゼロノスカードを川に投げるシーンが好きですねぇ~。
その後「結局いるんかい!」みたいな、仲直りして2人でカードを探しに川をさらうトコも良かったですが(笑)。

良太郎もデネブに諭しながら、自分自身のことに繋げてホントに この子は偉いなぁと。
またモモタロスのキツイながらも的を射た言葉
「嫌なことがあったらコロコロ契約者変えんのかよ」が個人的にもグサグサもんで(汗)。
皆さんも“契約者”って言葉を“職場”とか“環境”に変換してみましょう(笑)。
いやー、良識あるよなモモタロス。

ただ前回同様、折角のエピソードを田村さんの演出は活かしきれてないとは思います。
役者や設定で細かいことしてるのに、Bパートではあまり触れることなく流されたりして
田村さんは繋ぎがやっぱ荒いなと。
中でも寺崎が口では別れたことをしょうがないような感じで言ってても
指輪は5年経った今もしてる描写があったのに画的にはどーにも薄味で、これでは役者が可哀想な気がします~。
いや、子供の名前よかピックアップしても良いトコだろうと。

台本にボリュームがあって削るのに苦労したのかなとも思うんすが
だったら、2,3個ギャグを減らせよと言いたいですね~。
電王がデンライナーに先行かれたのに、その後のシーンですんなり乗れてるのもフォローなくてヤダったんす~(笑)。

【お知らせ】ブログルポ内に作った特撮のシェアブログ(詳細は右サイドバーのバナーかコチラの記事から☆ )、一日平均90人(増えました!)ぐらい観に来てくださっております♪随時 参加者募集中でございますので、ご利用してみてくださいね!宜しくお願いします~。

ランキングバナー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。