混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ゲキレンジャー』修行その29、「グダグダヘレヘレ!ショッピング」の感想。★★★★
2007年09月17日 (月) 15:42 | 編集

獣拳戦隊ゲキレンジャー』修行その29、「グダグダヘレヘレ!ショッピング」の感想ですっ。

チョウダが名古屋訛りなのは、荒川脚本やからなんね(笑)。
平田裕香DVD『また逢えたね。』
修行その29の あらすじは・・。

晴れてゲキレンジャーの仲間に加わったゲキチョッパー、久津ケン。
ケンはマスター・シャーフーから“操獣刀”なるものを預かっているはずなのだが、どうも様子がおかしい。

臨獣殿では拳魔たちが
怒臨気によって秘密のリンギを手に入れた臨獣オーストリッチ拳のチョウダをゲキレンジャーに差し向ける。
一方、理央は“操獣刀”が“獣源郷”に入るための鍵だとロンから聞かされ臨獣殿に戻り
メレに“操獣刀”の在り処を探らせることに。

究極・最高の力が秘められており、臨獣殿との戦いを一気に終わらせることも可能だという“操獣刀”。
その“操獣刀”を、事もあろうか骨董品屋“含韻(ハンユン)の幽玄洞”に売ってしまっていたケンは
レツを連れて取り返しに行くのだが、老婆の店主・含韻は“操獣刀”を売るのを頑なに拒み
取り返そうとするケンとレツを店のカラクリや不思議な術で攻撃!
ようやく術を破ったケンとレツは含韻の部屋で一枚の写真を見つけるのだが、そこに写っているのは・・。

(以上、公式HP参照)


バット・リーの古い写真のおかげで、理央の年齢がますます分からなくなりもした(笑)。
この設定でいくと含韻も軽く100歳越えてることになっとるし・・。

前回の感想記事で“戦隊”っぽくなってきたと書きましたが
今回は更にそれっぽく、『デカレンジャー』のフォーマットになってきたなぁと。
『デカ』のメインライターだった荒川さんが書いているので 特にそう思えるのかも知れませんが
キャラを立てるには2:3の組み合わせでメインとサブの話を同時進行させる方がやりやすいんだなぁと。
そしてケンが無茶苦茶なので、周りの“素”を引き出すには便利な人だなーと。
おかげで随分レツのキャラ立ちが目立った回でもありました(今頃っ!?笑)。
そして滑舌もっと頑張ってと(爆)。

それにしてもシャッキーといい、ケンといい、激獣拳サイドは大事なモノを駄目なタイプに預け過ぎやがなっ!
「てか、臨獣殿との戦いを終わらせることが出来るんなら“操獣刀”をはよ使えっ!」
・・って思ってしまったのはワシだけでしょうか(汗)。
んでまた、“不闘の誓い”がどーのこーのって話になるんでしょうけどね。

激獣拳の道を極めるために、己の修行のせいで含韻を不幸にさせないために
別れを選んだバット・リーは拳士の鑑のようなお方ですなぁ~。
また含韻役の石井さんも好演でしたっ♪
話の途中まで「バット・リーひでえ」と思ってましたけんど(笑)、“含韻のお守り”を肌身離さず持ってたというのが何とも泣かせます。
エレハンにリーの爪の垢を煎じて飲ませたいです、マジで。

一見コメディーかと思わせといて、この短い時間でシリアスにシフトチェンジする荒川さんは
やっぱスゴイ脚本家やなぁと思いましただ♪
チョウダの転生や“操獣刀”争奪戦など、次回へのプロットの撒き方も秀逸でござーます。
そしてランよりメレが荒川さん お気に入りと見た(笑)。

【お知らせ】ブログルポ内に作った特撮のシェアブログ(詳細は右サイドバーのバナーかコチラの記事から☆ )、一日平均90人(増えました!)ぐらい観に来てくださっております♪随時 参加者募集中でございますので、ご利用してみてくださいね!宜しくお願いします~。

ランキングバナー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。