混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ゲキレンジャー』修行その30、「セイセイでドウドウな女」の感想。★★★
2007年09月24日 (月) 12:58 | 編集

獣拳戦隊ゲキレンジャー』修行その30、「セイセイでドウドウな女」の感想です。

・・あのー、ほぼ毎回“数的優位”を武器に戦っている君らも正々堂々ちゃうやんっ(爆)!
まー、それを言ってては“戦隊モノ”は楽しめませぬが(笑)。
平田裕香DVD『また逢えたね。』
修行その30の あらすじは・・。

“大地の拳魔”マクに謀反を疑われ、己の“怒臨気”を出し戦う理央。
しかし その力の差から理央の勝ち目は無く、そしてメレが“操獣刀”の在り処を見つけたと知り
その場で非を認め牢獄へ。

含韻(ハンユン)に何とか“操獣刀”を返してもらったケン。
マスター・シャーフーは、その才能から使いこなせるのはケンだと“操獣刀”を再び預けるのだが
いい加減で素行の悪いケンに一同は非難轟々(汗)。

“スクラッチ”を抜け出し、妹の幸子に誕生日プレゼントを渡すケン。
“操獣刀”を手に入れるためケンの前に現れたメレは、1対1の勝負を挑み
またゲキチョッパーも、加勢に入ろうとするゲキレンジャーたちを止めて正々堂々と決着をつけようとする。

一旦退却したメレに、ロンは手段を選ばず幸子を誘拐することを助言。
姑息な真似はしたくないメレだったが・・。

(以上、公式HP参照)


チョウダの転生のくだりは、あらすじではカットの方向で(笑)。
いや、前回のゲキバットファイヤーでチョウダを倒した話を受けて
今回ゲキファイヤーで勝つのはどーなんかなと(汗)。
ゲキファイヤーとゲキバットファイヤーだと、強化されてる後者の方が明らかに強いと思われ
一回受けた相手の技を無効にするチョウダの設定でゲキファイヤーに負けるのは腑に落ちんです~。
仮に勝てたとしても、君ら無策はアカンやろと思うんですよね(笑)。

んー、ここへきて“パワーUP&仲間の新加入”を急いだことが色んなシワ寄せになってきてるよーな気も。
流石の荒川さんでも脚本に苦労してる感じが見受けられ・・。

メレが“怒臨気”を会得するのは、マクによってリンリンシーも強くなってるので
流れと言っちゃー流れなんですけど
ラゲクが素養を認めているよーな発言とか入れたりして、丁寧に見せることも必要なのでわ・・。

また急に卑怯な手段を使ってきたメレの行動に、一歩踏み込んで考えれない激獣拳サイドも何だかなぁと(笑)。
拳の道を極めよーとしてる者なら、もっと“裏”を感じてほしーなー(遠い目)。

メレや久津兄妹の芝居は とてもエエ感じなので、ちと勿体無いエピソードだったかも知れないです。
それにしてもケンのドイヒーなセンスを笑って許しちゃう幸子はエエ子やなぁ♪
色んな人に化けるロンの感じも幸子役の子が一番巧かったかも。
若いのにキャリアあるだけのことはありますね。
一部では“幸子→ゲキピンク待望論”もあるよーなので(笑)、ランも演技向上を急がねば(爆)!!

次回は須賀くん登場よりも、小林雄次さん脚本に驚いてます!いやーついに来たか♪
小林雄次さんは『GARO』や『ウルトラマンメビウス』なども参加してはる若手の脚本家さんです!
ここで定着したら東映の特撮は大きな戦力を得ることになりますなー♪

【お知らせ】ブログルポ内に作った特撮のシェアブログ(詳細は右サイドバーのバナーかコチラの記事から☆ )、一日平均90人(増えました!)ぐらい観に来てくださっております♪随時 参加者募集中でございますので、ご利用してみてくださいね!宜しくお願いします~。

ランキングバナー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。