混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ゲキレンジャー』修行その31、「俺たちムニムニ!」の感想。★★★
2007年10月01日 (月) 10:10 | 編集

獣拳戦隊ゲキレンジャー』修行その31、「俺たちムニムニ!」の感想ですっ。

今回は“天才子役の孤独と悲哀”がテーマなんですね(←違うチガウ)。
平田裕香DVD『また逢えたね。』
修行その31の あらすじは・・。

なつめの同級生・新一はバスケは巧いのだが、自分勝手でチームプレーをしないヒネクレ少年。
そんな新一の帰宅中、臨獣フォックス拳のツネキが出現!
ツネキを見ても たじろぐことなく挑発し、ピンチになる新一をゲキレンジャーが助けるのだが
新一はゲキレンジャーを邪魔者扱いに(えー)。

“大地の拳魔”マクは理央とメレが“獣源郷”に向かったことを知り、激怒。
後を追おうとするマクの前にロンが姿を現し、邪魔に入る。
マク以外はロンが何者なのか知らないようで、マクの攻撃を見切り かわしていく姿に驚くカタとラゲク。

何故か空に矢を放ち、一旦退却するツネキ。
自分がツネキに捕まっているところへ止めをささなかったジャンに怒り、パンチを食らわし走り去る新一。
新一の後を追いかけるジャンケン
ジャンに“ムニムニ(=仲間)”はいないのかと尋ねられるも、新一は答えようとはしない。
3人は知らず知らずのうちに、ツネキの矢によって作り出されたバリア状の空間に閉じ込められ・・。

(以上、公式HP参照)


・・“ムニムニ”って、“無二の親友”にかかっとることに、書いてて気づきもした(爆)。
まー、ジャンには“頬っぺたムニムニ”なんでしょうけど。

何やろ、このメッチャ スタンダードな話。
逆にこれまで『ゲキレン』に無かったトーンで始まったので、新鮮だったりします。
そういう意味では小林雄次さん初投入は良かったと思われ。
そして脚本が小林雄次さんだからか、ツネキのフォルムがどっかの“魔戒騎士”に見え・・(笑)。

それにしても新一のヒネクレ具合がスンゴかったですね(汗)。
ここにくるまで彼の人生に何があったんでしょう!?
そんなにチームプレー嫌なんやったら、バスケやなくて個人競技やりゃーええのに。
須賀くんは芝居上手いと思いますけど、やりすぎな感じが個人的に苦手でありますっ。
『ALWAYS 三丁目の夕日』は好きですが。。

何だか ここ最近の回って、ゲキレンサイドは仲間とか情とか正義っぽく
臨獣殿サイドは戦い方に卑怯な感じを出そうとしてますよねー。
敵と味方をハッキリ分けようとしているというか。。
シリーズ序盤の頃と比べれば、これは完全にシフトチェンジしましたなぁ~。
観易さは格段に今の方が良くなったんすけど、路線変更って ちょっと寂しい気もしますね。

仲間に注入され、増幅した激気で攻撃するためにスーパーゲキクローとサイブレードの合体させるのは
用途を増やしてオモチャ売るための苦肉の策だなと。
単独やったら あの2つは とても遊びにくい感じですしのーう。

てか ケンの“火事場のクソ力”って激獣拳かんけーないやんっ、それ『キン肉マン』やんっ(爆)!

巨大戦は新一のバスケとリンクさせたかったのですな。
でもあの鉄球、あんなに弾むの おかしない?
いや仮に弾んだとしても、地面にあるもの全部ベッコベコにしてるよなぁ~。何て地球に厳しい攻撃(笑)。

【お知らせ】ブログルポ内に作った特撮のシェアブログ(詳細は右サイドバーのバナーかコチラの記事から☆ )、一日平均90人(増えました!)ぐらい観に来てくださっております♪随時 参加者募集中でございますので、ご利用してみてくださいね!宜しくお願いします~。

ランキングバナー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。