混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ゲキレンジャー』修行その35、「ギュオンギュオン!獣力開花」の感想。★★★
2007年10月29日 (月) 12:57 | 編集

獣拳戦隊ゲキレンジャー』修行その35、「ギュオンギュオン!獣力開花」の感想です。


臨獣拳立ち上げのキッカケって、ある意味シャーフーだったのね(笑)。
修行その35の あらすじは・・。

石像だったサイダインが覚醒!獣拳創始者ブルーサ・イーの激気魂を浴び
“獣力開花(秘めたる力を解放)”したゲキレンジャー&理央メレ。
更にサイダインが“獣拳巨神サイダイオー”となって、“空の拳魔”カタを撃破!

七拳聖の命の雫を飲み、また一段と強くなった“大地の拳魔”マク。
しかし そのマクの攻撃を理央は全て受けきり、何かに気づいた様子。

一つの岩に こねあげられた七拳聖は元に戻らず
リンギを解くには“大地の拳魔”マクを倒すしかないよーなのだが、ゲキレンジャーの一同には
自分たちが獣力開花したという実感がなく・・。

マクが街に出現し、怒臨気の影響からかリンシーたちが暴走し続け 建物を次々と破壊していく。
そんな中、ジャンは一番強い怒臨気を感じ取り 向かった先に居たのは・・。

(以上、公式HP参照)


・・何だか、編集部の意向で無理クリ連載を続けさせられているマンガを見ているよーな感覚(笑)。
んー、メインライターの横手さんの回に
観てて盛り上がってくるものが あんま無いんですよねぇ。
序盤でフォーマットを構築 出来ずに 強化イベントを急ぎ、路線変更も中途な感じが残っているというか。

ジャンと理央(一応メレも)は“獣力開花”でハッキリと引き出された能力を感じ、自分のものにしてましたが
他の連中はジャンに言われるまで自覚しなかったのはどーだかなぁー(笑)。
「え?“獣力開花”って、催眠効果?それとも気持ちの問題?」と、とても残念な気持ちで観てました(凹)。
“獣力開花”には個人差があるのかなぁ?“誰が何に長けてる”みたいな強化ならええのに
これでは“誰が強い弱い”って感じがしてヤダなー。
結局ポテンシャルの高い人間が得みたいな話ですやん。

サイダイゲキファイヤーも強引な合体加減で もー、何が何だか(笑)。
そして前回のサイダイオーのインパクトは遠い彼方へ・・(汗)。

これまで最強の座にいたマクが敗れ、
ロンの本来の姿(?)と目論みが明らかになったのに
このモヤモヤはパワーバランスの崩壊と、過程が見えてこない雑なストーリー展開にあるのだと思いやす。

ラゲクを あっさり倒してしまったロンのシーンは唯一 印象に残りました。
怒り、憎しみ、嫉妬の臨獣拳を越える未知なる高み“幻獣拳”。
ロンは理央に“幻獣拳”を極めさせようというのですね。
自分を理央の“影”だというロンですが、それを仮に理央が極めた後のロンの行動が今から怖いなぁ~(汗)。
または「見当違いだった」と動くパターンでも怖いですが。
「それにしても理央さまの主体性がネェー!」と、個人的にラストは爆笑だったんですけどね(笑)。

やっぱり物語が面白くなるかどーかは、理央メレ&ロンにかかってるっちゅーことですやね~。

【お知らせ】ブログルポ内に作った特撮のシェアブログ(詳細は右サイドバーのバナーかコチラの記事から☆ )、一日平均90人(増えました!)ぐらい観に来てくださっております♪随時 参加者募集中でございますので、ご利用してみてくださいね!宜しくお願いします~。

ランキングバナー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。