FC2ブログ
混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
ドラマ『働きマン』第5話の感想。★★★★
2007年11月08日 (木) 23:59 | 編集

ドラマ『働きマン』第5話の感想です!


“働木満”の正体は、やはりあの人やったのね(笑)。
第5話の あらすじ。

松方と“犬猿の仲”の菅原文哉(35)は、ベテランの張り込み班。
しかし単独の張り込みで近所からの通報が2桁を超え、カップルを装う女性社員をつけることに。
デスクの御指名でマユが行くことになるも、夜に弱いため張り込みにならず菅原に怒られてしまう。

こないだのデートも途中で帰ってしまい、新二へお詫びを兼ねて手料理を振舞うことにした松方。
翌日ウキウキで仕事を次々と片付けていったが、今度は新二がNGで
松方はデートが流れたショックと
売り言葉に買い言葉の勢いで、菅原の張り込みに付き合うことになってしまい・・。


待ちに待ってた“松方VS菅原”の回だったので、存分楽しめました♪
菅原の服にへばりついた納豆巻きが無残すぎる・・(笑)。
自分用のプリン取られて、その後の張り込みで菅原用にデカめのプリン買ってくる松方にも笑いましたが。
ドラマ版では、いちおー言葉で互いに理解する形を取ったのですが
マンガ同様、納豆巻きの秘密を“断固言わない方面”で菅原にムカつかせたままでも良かったかなーと(笑)。
松方と菅原もまた、似てないよーで似ている部分もあり“犬猿の仲”なんでしょね。

スクープを取ったことは取ったけど、菅原の狙いは
密会現場へ行く それぞれのピンの写真じゃなく、“2ショット”の写真だった。
その“菅原の狙い”を分からせるため
かつ新聞に出し抜かれて、こっちは“2ショット”の写真で信憑性のあるスクープにしようと
印刷ギリまで待って何とか写真におさめるワケですが
ここの流れは ご都合主義っぽいかなと思いつつ、菅原の根は真面目な気質やプロ意識が伝わって 憎めない部分にはなったかなと。
でも新聞に先出たら、向こうは密会現場や車 変えるまで あると思いますが(笑)。
どーせなら そこまで菅原が読んでたら面白かったかなぁ。

何気にスクープされてた役者さんの役が“ザンキさん”こと松田賢二さんでした。
ちょっとしか出てなくても松田さんやと画面が絞まるなぁと再確認♪
何気に津田さんと“平成仮面ライダー”繋がりだったりしますね、津田さんは変身しませんが(笑)。

週刊誌って、確かに誇れるよーな仕事ではないのかも知れませんが
スクープを観たさに購読&手に取る読者がいるのも事実。それは確かに なるほどねと。
ワシめも「ゴシップ週刊誌嫌いや!」と思いながら、サラーっと流して確認してますし(汗)。

でも後々裁判や警察沙汰になるよーな やり方は週刊誌には正直やめてほしいですけどね。

『働きマン』の話って、正直 全部が全部 共感できなくてエエんやと思うんですよね。
週刊誌自体が特殊な職場であるワケですし、
松方やほかのキャラの生き方 全てが正しいということでもないですし。
観てる人それぞれに断片的な部分や、思い悩む姿が少しでも重なればこの物語に観る価値はあるんじゃないでしょうか。

ランキングバナー
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.