FC2ブログ
混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
ドラマ『働きマン』第6話の感想。★★★★★
2007年11月15日 (木) 11:00 | 編集

ドラマ『働きマン』第6話の感想です!

・・で、假屋崎先生は男役?女役?(笑)。
第6話の あらすじ。

松方の彼氏・山城新二(28)はゼネコンに務める会社員。
新二は橋を作る夢があるものの
現在はマンション建設の現場監督をしており、職人やら近隣に頭を下げ・・と しがらみの中で働いている。

オーバーワーク気味の松方の企画を田中が引き受けることになり、松方のコネで新二の職場に取材へいく事に。
田中がやらかしゃしないかと松方も引率するが、新二の目が気になり指導しにくい(笑)。
本社に戻れるかも知れないという連絡があったと新二から聞き、喜ぶ松方は
入稿前の忙しい最中、新二と お祝いの約束をするのだが・・。


これまで観てきて この回が一番面白かったっす、てか切なかったっす!!
アニメ版での新二メインの話は大概重たく、観ながら凹んだ覚えがあるんすが(笑)
菅ちゃんと吉沢くんが期待してた以上に好演してたなぁと。
今回のは涙が出るよーなものじゃなくて、胸が苦しくなる“切なさ”といったらええでしょうか。

新二との約束のために風邪を おして入稿を急ぐ松方。
本社で夢が実現できると思ったら、営業への異動だったことに激しく動揺し落ち込む新二。
我慢して我慢しても、それでも思い通りの仕事が選べない今の新二の状況では
好きな職場でガンガン働く松方を見ているのは辛いだろうなぁ~orz。
お互いを思えば思うほど、知れば知るほど この2人はすれ違ってしまうワケで・・。

ぶつかってみて、本音が言えて
今の職場から離れることが決まってから、ようやく“やりがい”に気づいた新二も切なかったです。
自分たちの住むマンションが出来るのを散歩がてら見に来ていた老夫婦に初めて出会い
その言葉に救われ、その想いに触れることが出来た新二。
そして田中のアシストもあって、結びの文を書いた松方。
新二の仕事のことが知りたくて、取材して自分が感じたことが新二にも伝わってと
ここの一連は非常に良いシーンでしたな~♪

現場監督という仕事に ちゃんと向き合えてたらと後悔して、新二は営業に異動することになるワケですが
ドラマや分かってても新二のことを応援してる自分がいます(笑)。
ホント、後悔せずに次の職場に行かなかっただけ新二は偉いっすよー。マジで。
きっとその気持ちが いつか繋がっていくと信じて働いてほしかとです。

松方もまた、風邪を引いて
周りの有難さを知って良かったですやねぇ。
“雑誌は一人じゃ作れない。そして人生も。”(←要約)・・と編集長の名言も素晴らしかった(笑)。
元来“甘えたさん”じゃないから、恋では新二に甘えられず
職場でも松方は働きまくるんすが、どっちも もっと甘えてええんですよね~。
馬車馬のように働く松方が甘えるのを誰も嫌がりませんよと。
さり気なく松方をフォローした編集部の面々にホクホクしました♪
今回は特に田中 大活躍でしたなー♪これで株も上がったか!?
んでもこれ、ヤツは緊急時じゃないと働かないタイプなんじゃないかという前フリのよーにも見えますが(笑)。
そして台詞が殆どなかったのに、悉く津田さんがオイシイとこ持って行った気がした(笑)今回でした♪

ランキングバナー
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.