混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ちりとてちん』第8週「袖振り合うも師匠の縁」の雑感。★★★★★
2007年11月24日 (土) 22:42 | 編集
ちりとてちん』第8週「袖振り合うも師匠の縁」の雑感です!

紆余曲折ありましたが、
ようやく喜代美が徒然亭草若の弟子になれました(涙)♪

※以下、ネタバレあり ご注意!

徒然亭一門を観客に
母・糸子との大根おろし対決では
“必殺・ハンドミキサー”で反則勝ちしたものの(笑)
弟子入りを草若師匠に あっさり断られた喜代美を観た時には
週も真ん中やのに(笑)どうやって弟子入りするんやろうと思ってましたが
松重お父さんのアシストと
お爺ちゃんの落語のテープが喜代美の道を切り開いてくれもした♪

テープに録音された「愛宕山」を話しているのが草若師匠だったいうのは
既に明らかになってましたが
そのテープのライナーに書かれた日付と場所で
喜代美の お爺ちゃんに出会っていることを草若が思い出し
繋がってくる伏線には
観てて感動と感激で震えが来ましただ(笑)。

いやー、脚本書いてはる藤本有紀さんの腕は相当なもんですね。
その緻密さと大胆さに毎度 頭が下がる想いです。

しかも、松重さんのブログによると藤本さんは お美しいらしいですぜ、旦那(←誰?笑)。

さて、晴れて喜代美も弟子となれましたが
弟子入りはスタートラインで本当に大変なのはここからですよね~。
そして天狗芸能の圧力で徒然亭一門の茨の道は続いておるワケで・・。

・・で気になるトコを2点ほどピックアップ!

1.喜代美の芸名はどーなる?

↑これ、ドラマ始まってからずーっと気になってました。
次回予告のアレで決まりなんでしょうか、それともアレは妄想か(笑)???
一門の“草”の文字は必ず付くでしょうしねぇ。
4番目の弟子は“四草(しぃそう)”ですしな(笑)。
女流の噺家さんの名前やから これまでのとちょっと違うパターンもあると思いますが・・。

2.物語の時系列。

第8週が終わって、時間は確か1992年の12月ですよね?
なので、このまま話が進むと
すごく重たい部分に触れていくのではなかろうかなと。
時代考証は徹底してますからねぇ、この物語が避けて通ることはないと にらんでやす。
あくまで個人的な予測ですがね。
それを どうやって喜代美や他の登場人物が乗り越えていくのか
そして更に その先に、大きな展開が あるよーな気がするのです。


ああ、それにしても悔しい。
『タイガー&ドラゴン』といい、『ちりとてちん』といい
落語がこんなに面白いものだと気づくのが遅かったと
観ながら笑いながら悔しがる自分がいたりします~。

『ちりとてちん』観ながら
もっと楽しんで もっと悔しがって
それをエネルギーとして生活していこうと思います(笑)。

ランキングバナー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。