混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ゲキレンジャー』修行その40、「頭、バカーン!衝撃の事実」の感想。★★★★
2007年12月03日 (月) 09:26 | 編集

獣拳戦隊ゲキレンジャー』修行その40、「頭、バカーン!衝撃の事実」の感想です!

・・まいったぜ。敵が強くなってってる真っ只中に、キノコ狩りだぜ(笑)。
修行その40の あらすじは・・。

ジャンがゴウを連れて山へキノコ狩りをしていると、そこには幻獣キメラ拳のスウグの姿が!
しかしスウグに“ゾワゾワ”を感じないジャンは“トラピカ”と名づけるほど その心を許してしまう。
ゲキバイオレットに変身しスウグと戦おうとするも、見覚えがあるスウグの拳の構えにゴウは驚く。

“スクラッチ”に戻り、美希にスウグと同じ構えを見せるゴウ。
その拳の構えこそ、ゴウ・美希・理央の かつての兄弟子“ダン”の構えだったのだ。
昔から強さに拘る理央にとって“白虎の男”ダンの強さは疎ましく、事あるごとにダンと戦いを挑み
ついには臨獣拳使いとなって、ダンに手をかけたらしく・・。

“幻獣王”として覚醒していない理央のままでは心を持たないスウグを従わせることは出来ず
スウグは街で巨大化し暴れ始める。
ロンは理央の心の奥底にある“強さの象徴=ダン”の激気魂を宿すスウグを配下にし
過去を越えることが、理央が“幻獣王”になるための“血盟の儀式”だというのだが・・。

(以上、公式HP参照)


“白虎の男”がジャンの血縁関係なのは結構前から匂わせてくれてたので
ダンがジャンのお父さん!と言われても、さほど驚きは無かったんすよねぇ~(えー)。

で、ここ最近メインキャストによるホンワカ家族話が多かったのには
今回のジャンのエピソードに繋げたかったのかと
『ゲキレン』には珍しい“プロット撒き”の方に驚いたりして(笑)。

理央が手にかけたと思われていたダンですが、
その前に何者かの手によって深手を負わされていたことがダンの致命傷になった・・というのが事実のやうですな。
ゴウも“中途半端な狼男”(笑)として彷徨ってたワケですし
理央が直接 人を殺めたことはないというのは物語の“救い”かなと。
闇討ちが誰の手によるものなのかは今後のポイントで
この“救い”がまたドラマを生んでくれると良いのですが、『ゲキレン』に過度な期待はしません(笑)。

しかし、ダンの激気魂をスウグ経由で触れることによって
ジャンの体に親子の証が浮き上がるという ご都合主義な設定や
ダンには子供がいたという事実を全く知らなかった激獣拳の人々とか
ジャンのポテンシャルの高さやタイガー拳に
ダンとの血の繋がりを気づかないシャーフーの目の節穴ぶりには、心底ガッカリしましたけどね(汗)orz。
「むしろこういうプロットを序盤から撒かんかい!」と言いたいっす。
台詞や仕草で思わせぶるだけでも違ってたと思いますよん。

やー、そんな脚本の出来を差っ引いても、ダン役の大葉健二さんには燃えたなぁ♪
体のキレ、手数の素早さは超一級品ですもんね。
んでまた存在感がカッコ良いんす!
「場数の違いって画面に出るもんなんやなぁ」と思いましたわー。
ダンやなくて、シャーフーが“亡き者”になってた方が
ジャンたちはダンからまともに激獣拳を教わることが出来たと思うし、もっと強くなってんのとちゃうかなと
真剣に考えてみたりして(笑)。

【お知らせ】ブログルポ内に作った特撮のシェアブログ(詳細は右サイドバーのバナーかコチラの記事から☆ )、一日平均90人(増えました!)ぐらい観に来てくださっております♪随時 参加者募集中でございますので、ご利用してみてくださいね!宜しくお願いします~。

ランキングバナー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
【男だったらグズグズすんなよ!】 最初に言っておく! 大葉健二が大好きだー!!! ついでに言っておく! ポンチ絵じゃなくてすまん! (ブログ的にはそっちを最初に言っておくべきかと) というわけで大葉健二御大のご肖像をば描かせていただきました。 しか...
2007/12/03(月) 10:30 | 閑古鳥ぽよぽよ
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。