混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドラマ『働きマン』最終話(第11話)の感想。★★★★★
2007年12月20日 (木) 13:12 | 編集
最終話の あらすじ。

元彼・新二からの電話に出ることが出来ず、かけなおすことも躊躇う松方。
新二と結婚する夢まで見てしまい、ますます用件が気になる・・。

29歳の誕生日がやってきて、人生の選択に色々と考え始めているところ
名門小学校の教師が痴漢の容疑で警察に任意同行されたというニュースが入り、取材にいくと
松方が昔憧れていた雑誌、輝英社の“SPEAK”のデスク・佐川に声をかけられ
佐川が編集長として創刊する女性版“SPEAK”のチームに
松方をデスクとして迎え入れたいと、ヘッドハンティングの話がやってきて・・。


他のマンガ原作のドラマ同様、このドラマも原作とオリジナルの狭間で揺れてるトコが見えましたが
最終回でスタッフさんらが完全に吹っ切れた感じで
これはこれで観てて爽快というか、スッキリしましたですよん!!

序盤観ていて、お見合いパーティーのシーンは取材に来てた田中を証人にして
モテナイコンビ“菅原&コブ”の小ネタのためだけに入れたのかと思いきや(笑)
教師の痴漢冤罪の話に繋がってきたのには驚きやした。アハハハ♪
これは田中の お手柄ですが、田中に“お手柄”が似合わない気がするのは何でやろう?
まーそれは置いといて(←置いとくんかぇ!笑)、
甲本雅裕さんが教師役という段階で何かドラマが来るなと匂ってましたけんどもね。

痴漢冤罪を証明することはホントに難しいワケで、被害に遭ったという女性が
詐欺で男から金を巻き上げてた常習犯でなかったら
示談金目的で嘘をついたという事実も公にならんかったでしょうなぁ~。
まさにドラマやマンガの世界で、こういうケースは ごく稀やと思いますけど
この先生が生徒全員と毎日 日記を交換していたということを知って、松方の勘が働いてくれて良かったなと。

新二が営業ではありますが、夢だった橋を作る仕事のために福岡へ転勤することになって
仕事を辞めて新二と結婚してついていくべきか
ヘッドハンティングされた憧れの“SPEAK”へ行くべきか
このまま愛着のある“JIDAI”で働くべきか
松方は悩んで悩んで、輝英社の面接を受けることにしやしたけんども
面接直前で、目の前の“やらなきゃいけない仕事”を選んだのは
今回は特に先生の冤罪がかかってましたし、メッチャ カッコ良かったっす♪
そらー佐川役の羽場さんも、爽やか笑顔になりますよね(笑)。
ヘッドハンティングを持ちかけた佐川ですが、全く裏の無い感じだったのは
羽場さんの“人徳+演技力”の おかげですな♪さすが『ぽっかぽか』のチチだけのことはあります(笑)。

小ネタとしましては
痴漢冤罪の記事に、先生と一緒に お礼に編集部へやってきた生徒たちに涙する菅原さんに吹きました。
「菅原って、ホントに根はイイ人じゃのー」と思わせてくれた津田さんは毎回オイシかったですなぁ(笑)。
あとは唯一の“家族”になってしまった鳥の餌を買いに行った編集長(凹)と
エンドロールで作家に捕まれた手をやんわり解く梶さんがツボでした♪


総評としましては、ドラマの構造上 毎度まとめに入る感じが
視聴者で ちと苦手な方も おったかも知れませんが
その後の“働きマン音頭”が良い中和剤になったのではないでしょうか(笑)。
そして面白いマンガ原作のプレッシャーがかかるなか
ホントよく役者・スタッフさんが足掻いて、自分たちのものにしたなと思いましたです。

田中が“エエ人路線”にシフトチェンジしたことと、雅美が最後まで別次元の存在にしか見えなかったことが
個人的に残念でしたけど(笑)
菅野さんや津田さんを始め、他の役者さんには とても楽しませてもらいました♪
また続編のよーなものをお目にかかることが出来たら
マンガ同様、松方が脇役になるスピンオフ的なドラマも観てみたいですねー。
最終話みたいな本が書けるんなら、2時間三話ぐらいのオムニバスで
それぞれの主役を作って同時進行の部分を作ってみたりしても『働きマン』なら面白くなりそーな気がします。
また何かの形で『働きマン』の映像化を期待しつつ、マンガも注目して読みたいと思います~。

最後に役者・スタッフの皆様お疲れさまでした!
そして感想に お付き合いくださった皆様に感謝です♪

ランキングバナー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。