混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ゲキレンジャー』修行その44、「ワフワフ!父ちゃんのメロディ」の感想。★★★★
2008年01月07日 (月) 11:50 | 編集

獣拳戦隊ゲキレンジャー』修行その44、「ワフワフ!父ちゃんのメロディ」の感想です!

誰かランちゃんの日本髪を「“忠臣蔵”の回とカブってる!」って、突っ込んであげんさいよ・・orz。
それが優しさってもんだ(笑)。
修行その44の あらすじは・・。

四幻将スウグ(=トラピカ)に心はなく
父・ダンの激気魂を利用し、理央の命令で動く“人形”だと知り
ジャンは自らの手でスウグを倒すと誓い“スクラッチ”を飛び出してしまう。

その頃“打倒理央”に燃えるゴウはミシェル・ペングに会い、
伝説のゲキワザを習得するための修行をつけてもらうことに。

一方 臨獣殿では、理央がジャンに執着することをロンが嫌い
“真の幻獣王”としての覚醒のため、スウグをジャンの刺客に送り込む。
ロンやサンヨの言動に不穏なものを感じたメレは、ジャンとスウグの戦況を見守るロンを ひそかに注視し・・。

(以上、公式HP参照)


幻獣ケルベロス拳のコウのくだりは
ジャンとスウグのエピソードがメインだっただけに、バッサリ削ってしまいました(笑)。
あーでもコウはブラコの弟だったり、四幻将の座を狙っていたりと
単独で話作ったら それはそれで面白そうだったんですけどねぇ~。
まぁコレぐらいの感じの勿体無さが良いのかなとも思われ。
それにしても、“臨獣拳”使いのブラコの弟が“幻獣拳”使いって変な話ですが
コウは どのタイミングで幻獣拳をマスターしたんでしょう(汗)???

今回のジャンとスウグの話は なかなか見応えありましたね~。
ロンにダンの激気魂を注入され、心が無い“操り人形”であるはずのスウグが
ラストでジャンを庇うトコなんざー、ベタなんですけど「ええシーンやったなぁ」と。

ジャンの感情も また、“ジャン語”が控えめだったせいもあるのか(笑)
スウグを倒すことへの葛藤や躊躇いが見え
ジャン演じる鈴木くんが、大いに役作りを悩んだだけのことはあったんじゃないでしょうか。

そして物語の巨悪はデコッぱ・・もとい、ロンに向かっていっており
ようやく『ゲキレン』にもゴールが見えてきた感じですなー。
何気にメレの動きが功を奏するのかなぁと思うんすが
メレの玉砕は避けてほしいというのもファン心理にありまして(笑)。
元々リンシーは拳士の屍から蘇らせたものなので、メレには浄化されなアカン宿命はあると思いますが・・。
彼女にはバエのこともあるので、意外と処理が難しいキャラではありやすね。
とりあえず予想は「雰囲気で誤魔化すに一票!」ということで(爆)。

ゴウの理央への執着も良いアクセントになってましたな。
ただこの執着が、伝説のゲキワザ習得&理央を倒すことに繋がっていくかどーかは微妙ですが。
教えを請われたペングが、ダジャレあり修行ありと活躍しているのを観てると
前回のトナカイ役の某マスターが余計に不憫に思えてくるぜ(笑)!

【お知らせ】ブログルポ内に作った特撮のシェアブログ(詳細は右サイドバーのバナーかコチラの記事から☆ )、一日平均90人(増えました!)ぐらい観に来てくださっております♪随時 参加者募集中でございますので、ご利用してみてくださいね!宜しくお願いします~。

ランキングバナー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
【最初「体毛」に変換されてしまってひとりで大ウケしました。】 セオリーどおりならトラピカを描かなきゃいけないのでしょうが、あのトゲトゲした造形がめんどくさくって記憶し切れなかったので却下。(えー) なんかね、前回も今回の最初の方も「とうちゃんとうち...
2008/01/07(月) 12:34 | 閑古鳥ぽよぽよ
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。