混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『仮面ライダー電王』、最終話 (第49話) 「クライマックスは続くよどこまでも」の感想。★★★★★
2008年01月20日 (日) 16:14 | 編集

仮面ライダー電王』、最終話(第49話)「クライマックスは続くよどこまでも」の感想です!!

前回といい、何気にナオミが貢献してますね~♪
「この子は意外と機転が利く子だったんやなぁ」と、ここへ来てヒロイン補正(笑)。
『仮面ライダー電王』VOL.6 2008年1月21日発売
最終話の あらすじは・・。

ウラタロスは裏切ったと見せかけ
デンライナーに仕掛けられた爆弾を処理するため嘘をつき
良太郎たちをデンライナーに乗せ、キンタロスと同じく過去の時間でイマジンたちと戦うことを選ぶ。

デンライナーは現在に辿り着くも
カイの暴走は止まらず、再び時間を消滅させようとしており
「この時間は絶対消させない。」と、良太郎モモタロスはイマジンたちとの戦いへ。

侑斗はデスイマジンとの戦いでゼロノスカードを使い果たし、変身が出来なくなるも
デネブと共に生身でイマジンたちに立ち向かう!

電王に変身した良太郎はビルの屋上でカイを見つけるが、行く手にデスイマジンが立ちはだかり窮地に追いやられる。
それでも電王は諦めず、カイが この時間を消滅させんとするところに体当たりし
カイもろともビルから落ち・・。

(以上、公式HP参照)


ついに この日が来てしまいましたね(涙)。
あ、最初に書いときますが、この記事では最終話の感想に集中し
総評記事を別記事にて更新する予定です~。

ワシめの望みがイマジンに届くなら、「あともう一話分『電王』を観たい!」と願います。
それが率直な感想なんですじゃ。
もち、脚本に非の打ち所はないですし
演者も殺陣とか非常に頑張ってて面白かったんすよー。
でもAパートのリュウタロスの処理などを観るに、何か尺が足りない感じがしたんですよねぇ。
最終回に詰め込みすぎた演出の問題なのか
詰め込まなければいけない事情があったのかどーか分かりませんが
30分に“戦い”と“別れ”を集約するには『電王』自体にボリュームがありすぎて
収まりきらなかった・・という嬉しい誤算だったのかも知れません。
それぐらい毎回 充実してたっちゅーことですな。

あと、普通のドラマなんかでも
最終回の一つ前の話が好きなワシめの“ラス前、燃え尽き病”が出たんか分かりませぬが(笑)。

前回の流れで「モモタロスたちが実体化したのはノリ?」と思いきや、自分たちの時間を手に入れたからだったんすなぁ~♪
皆で過ごした時間と記憶が、モモタロスたちの存在に繋がったという設定が何より嬉しかった~!
キンタロスも良太郎と契約完了させたかに見せといて、
最後のこの戦いで実体化するかしないかの瀬戸際だったっちゅーことですやね。やられたっ!
でもこういうミスリードなら、ハマっても気持ちが良いものです♪

順番が少し戻りますが
ハナが愛理と“桜井さん”の赤ちゃんだったことに気づいた良太郎。
“未来の分岐点の鍵”で特異点であるハナが居るからこそ、未来が消えることは無かったんやと。
でも、良太郎が再構築した今の時間では隠れているハナは当然 生まれてなくて
全ての戦いが終わって“桜井さん”も消えてしまいやした(悲)。
しかし必ず“桜井さん”に会えると信じている愛理の想いや
再び未来で会うことを約束して皆と別れた良太郎の笑顔、
そして ここでもモモタロスたちの存在に繋がった設定が
ハナ(コハナ)や“桜井さん”に再び出会える日が来ることを想像させてくれますね。

「・・となるとカイって結局 何者やったんやろう?」という謎が残ったままなんすが、
これはこれで想像しだすと凹みますね~。
間際まで、ハナとカイは双子の赤ちゃんの可能性もあるなと思って観てたんすけども そうではなかったですね。
まぁ、それはそれでブルーな設定ですが(笑)。
自分の時間を持っていなかったカイは、実のところイマジンに利用されてただけなのかも知れないし
他の人間たちによって消された存在だったのかもなぁと。
うん、カイはカイで可哀想な子なんよね。カイ役の石黒くん、最後までGJでした。

キンタロス、ウラタロスが戻ってくると信じてましたがジークまで連れてきちゃったよ!ナオミ!
・・ホント、良く気が利いてます(笑)。
そして、要所要所で浮いてるジークがオイシかったですな。
戦いで一回消えて、良太郎の前に出るに出れなくなったタロスイマジンたちとジークの やり取りがアホやわ~(笑)。

んで、油断したのか この後の侑斗デネブのシーンに涙ダーダーですよ!
嫌いな椎茸の入った炊き込みゴハンを泣きながら侑斗がかっこんでるところに、デネブが戻ってきて・・と
もー嬉しいやら笑えるやら泣けるやら、ちょっと忘れられない名シーンとなりますた(号泣)。。

あー、ホントに終わっちゃったのねぇ~(悲)。
「単発でもエエから続編やってほしいなぁ」と この『電王』という作品には思いますね。
観る側のハードルを最後まで高く保つことが出来たのも立派でござーました。
書きたいことは他にも色々ありますが
収拾つかなくなりそうなので、レギュラー放送の感想としましては一先ず ここで終えて
少し落ち着いてから(笑)総評記事に着手しようと思います~。

役者・スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。
そして当ブログの記事にお付き合いくださった全ての皆様に感謝です♪

【お知らせ】ブログルポ内に作った特撮のシェアブログ(詳細は右サイドバーのバナーかコチラの記事から☆ )、一日平均90人(増えました!)ぐらい観に来てくださっております♪随時 参加者募集中でございますので、ご利用してみてくださいね!宜しくお願いします~。

ランキングバナー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 こんにちは~。

 最終回について1つだけツッ込みを入れるとしたら…

 「ハナが愛理と桜井さんの子供」ってことに気づいたんなら、わざわざそのハナを危ない場所に連れてくるな~、良太郎!!

 ということでしょうか(笑)

 ハナさん、最終回で元の姿に戻ることを期待していたんですが、残念ながら間に合わなかったようですね。

 子役ちゃん、よく頑張ったな~♪
2008/01/21(月) 18:20 | URL | SUZIE #yN.0D2cc[編集]
SUZIEさん♪
コメント有難うございます!

>「ハナが愛理と桜井さんの子供」ってことに気づいたんなら、わざわざそのハナを危ない場所に連れてくるな~、良太郎!!
おそらく、闘争本能を抑えられず
ハナが無理矢理お願いして
連れてってもらったんでしょう、たぶん(笑)。

白鳥百合子 嬢はずーっと実家で
療養中でした(今もですが)からねぇ。
元気になって戻ってきてほしいところです。

子役の子も急遽の起用で
穴を塞いだもんやなーと やはり思いますね。
個人の能力も素晴らしいですが
作り手さん&演者さんの思いの強さがあっての
賜物だったんじゃないかなと♪
2008/01/22(火) 20:16 | URL | 青いパン #hiiZJbic[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
最終話 クライマックスは続くよどこまでも ラストは全員集合で、また会おうなぁ!バイバイ~! どうやって最終回の収集を付けるのかと思ったけど、なんとか最後の大破壊を防いで、路線は新たな路線へとつながり、カイ達イマジンの未来は途切れ、カイを含めてイマジンは...
2008/01/21(月) 12:11 | KITAKO\'S BLOG
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。