混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『人志松本のすべらない話“ザ・ゴールデン”』年末SPの雑感。★★★★
2008年02月01日 (金) 22:47 | 編集

2007年末に放送されて1ヶ月が過ぎちまいましたが(汗)
人志松本のすべらない話“ザ・ゴールデン”』年末SPの雑感です!


“たっくん”だけじゃなく、“たっくん”の お父さんにも賞金の一部を あげるべきや思いますね(笑)。


※“続き”以降ネタバレあり、ご注意!

でわ、サクサクと
1st→2nd→両ステージ参加の固定プレーヤーの順でプレーヤー感想を。


☆1stステージ。

水道橋博士(浅草キッド)
『アントニオ猪木』
某格闘技イベントにて・・。
運がいいのか悪いのか、モノっそい確率(なんと9万分の1!)でエライ目に遭った博士が可哀想でした(笑)。

伊集院光
『円楽師匠の高座にて・・』他1本。
落語家時代にテンパって やらかした話。
伊集院 氏は流石に話慣れてて、観てるこっちも自然にスッと聞けてしまうのが凄いトコです~。
円楽師匠の高座での伊集院さんの失敗は、見台や膝隠しのある上方落語では おそらく起こりえない
江戸落語ならではの凡ミスなことに『ちりとてちん』観てて気づきました(笑)。
氏が“聖子ちゃん”となって暴走する『催眠術』の話も面白かったなぁ~。

ほっしゃん。
『携帯電話』
タクシーの運転手さんとの心温まる(?)、でも笑える話♪
1stの中でも この話は印象的で
その後の大オチにドーンと効いてくる運転手さんの真面目さが、まるで心地良いモノのようにさえ思えてきます。

徳井義実(チュートリアル)
『コワイ徳井父の誕生日に・・』
お父さん以外の3人の気持ちは“飼い猫ミケの寿命:父の誕生日=9:1”だったでしょうねぇ。
でもこの話はミケのために笑ろうたげた方が・・って、ええのか(笑)!?

ゴリ(ガレッジセール)
『親父の浮気』
ゴリ父の浮気癖と、ある意味 反則級に面白い修羅場(笑)。
確かに この話を原作に実写化すればエエもん作れると思います~。でもR指定かな?

河本準一(次長課長)
『千原ジュニア』
住んでるマンションの前の喧嘩を、ジュニア氏が止めにいくのかと思いきや・・。
うーん、ホント誰アピールやったんやろう(笑)?

木村祐一
『喫茶店』他1本。
松ちゃんの言う“原宿の喫茶店”を、キム兄&ジュニア氏は行った覚えが全くなく・・。
ああ、この話 確かに松ちゃんが『ガキの使い』で言うてましたねぇ~。
被害者目線で考えると、ものっそいトバッチリやなぁコレ(笑)。


★2ndステージ。

陣内智則
『初めての衣装』、『嫁・藤原紀香とのルール』
先が読めるので もう1クッション欲しいというか、内容の浅い感じが気になるかなぁ・・。
うーん、本人が天然なんでねぇ~。2本とも“自分発信”なのも、ちょっとイヤ(冷笑)。
プレーヤーで来るよか、話題になる方が彼はエエのかもなと。

藤井隆
『オーラ』
緊張しっぱなしの藤井くん。
あの藤井くんが、途中で内容が飛んで まさかカンペで確認しなおすとわ・・。しかも陣内にフォローされちょるし(汗)。
話の内容は悪くなかっただけに、今回は残念でした。

大竹一樹(さまぁ~ず)
『教習所の食堂にて』
どっからどこまでがセルフなんだよ!・・な話。オチは何だか切ないなぁ。
出番は少なくても、しっかり仕事してくる感じが大竹氏は良いですよ~♪
『さまぁ~ず・さまぁ~ず』でよく話してるクレーム話とかも沢山やってほしいです(笑)。

山崎弘也(アンタッチャブル)
『記憶力』他1本。
全く覚えのないオジサンに声をかけられて・・。
また この男は、勢いで誤魔化してからに~。
若いうちからこういう癖をつけて喋っても、何の身にもならんと思うのですけどね。

兵動大樹(矢野・兵動)
『たっくん』、『空港のトイレにて・・・』
前回からの波 そのままに、内容も話す技術も文句なしで「そらー今回のMVS取るわな」と。
兵動氏はまたこういう現場に よー巡り合うんでしょうね(笑)。

ケンドーコバヤシ
『マネージャー』
いちいち めんどくさい言い回しをするマネージャー・・。
マネージャー向いてるよーな、向いてないよーな。
そのめんどくささ、違う職種の方が活かされるんとちゃいますかね(笑)?

田中直樹(ココリコ)
『田中母と夏休みの宿題』他1本。
田中少年が何の罪の意識も無いままに、怒られたのが何とも悲しいっす。
ほっしゃん。の『ダイナマイト』の話とも相通じる、男の子の“無知の知”ですやね(笑)。


◇固定プレーヤー。

宮川大輔
1st『フィリップ君』他1本。
“チーズ転がし祭り”で出会った少年、フィリップ君と遊んでて・・。
宮川くん、下手したら捕まるで自分。いやマジで(笑)。
今回も宮川くんの性への好奇心旺盛な話が聞けました。

千原ジュニア
2nd『千原兄とハンディカム』、『天然の後輩 堤』
ジュニア氏の買った最新のハンディカムに、対抗意識メラメラの兄・せいじ。
この話は何処かで聞いた覚えがあるんすけど、何べん聞いても「お兄ちゃん、残念やなぁ」と(笑)。
2本目に話した後輩 堤の残念ぶりも凄まじかったです♪

松本人志
1st『カーナビVS松ちゃん』
2nd『サウナ』
アホやわ~、カーナビ。でもムキになるトコが松本さんらしいですよね(笑)。
きったないサウナで目撃した、まさかの光景も印象的でした♪


今回の総評ですが
1stが かなり安定してて粒ぞろいな面白さがあったぶん、
2ndはプレーヤーによって話の出来不出来の差が激しかったなぁと。
そのぶん波があって、笑いやすかったのは2ndだった・・とも言えるのかも知れませぬが
正直 紙一重だったかも知れんですね。
松ちゃんが早めに対応してて、場の雰囲気を良くしてたのが2ndの救いだったんじゃないでしょうか。

またこれで力量が達してないプレーヤーが、変に自信を持ってしまわないか不安になります。

でもまぁ高いレベルの話は拮抗してたし
兵動氏がMVSじゃなかったら、ジュニア氏か伊集院氏、もしくは ほっしゃん。あたりが取ってても良かったかも。

伊集院さんは当然ソコソコやりよるなと思ってましたけど、
意外と言っては何ですが、田中くんは今回一番の掘り出し物だったのではないでしょうか。
兵動氏と同じく、この2人は即レギュラーでも遜色ないと思います。

“ザ・ゴールデン”の枠は
キャスティングや2ステージ制、ギャラリーの多さなど改善の余地がいっぱいあると思いますね。
無駄に外箱を豪華にすることが重要ではなく
プレーヤーのベストの状態を、スタッフが如何にフォローしていくかが大事なのではないかいなと個人的に思うのです~。
ランキングバナー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。