混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ゲキレンジャー』修行その48、「サバサバ!いざ拳断」の感想。★★★
2008年02月04日 (月) 10:10 | 編集

獣拳戦隊ゲキレンジャー』修行その48、「サバサバ!いざ拳断」の感想です!

ラス前だからっつって、あの傾斜を転がせるスタッフって鬼やわ~(汗)。
修行その48の あらすじは・・。

理央メレは幻気を返上!ゲキレンジャーと共闘しサンヨとロンを倒したかに見えたが
何故か不死身のサンヨが復活し・・。

理央とメレを“スクラッチ”へ連れて行き、歓迎ムードのなか ランレツは渋い表情。
2人は、悲鳴や絶望を集めるために人々を苦しめてきた理央メレを このまま許すことに納得が出来ないようで・・。
そこでランとレツ、理央とメレで“拳断=命を賭けた戦いで罪を裁く獣拳の儀式”を行うことに。
命を落とすかもしれない“拳断”を反対するジャン。
理央はそんなジャンに、臨獣拳が消え一つの“獣拳”に戻るために必要な儀式なのだと
サバサバした気持ちを打ち明け、自ら臨獣殿に火をつけ その幕を下ろす。

“拳断”の儀式 当日となり、全てをぶつけ戦い始める4人。
しかし理央メレの真意は倒されることにあり、渾身のゲキワザを受けるため構えを解く!
その時サンヨが“拳断”の邪魔に入り、サンヨは私の一部だとロンまでも現れ・・。

(以上、公式HP参照)


やはりロンは くたばって無かったんですね。
もともとサンヨがロンの一部で、そのサンヨにはロンを再生させる能力があったと。
まぁ、ニワトリが先か卵が先かっちゅー設定ですけども(汗)。
トカゲの尻尾から本体が復活したみたいな感じもするので、何だか妙ですが(笑)。

ちうか、理央メレが退場してまいよった(驚)!!
確かに死亡フラグはちらついてましたよ~。だからといってラス前に2人ともは あんまりやないですか・・orz。
んで、このシリーズって生死を結構シビアに描かれているので
ご都合主義な復活みたいなものは、まずないやろしなぁ~。
最終回は魂のイメージ的なもので理央メレを登場させるつもりなんでしょうかね?
理央メレは激獣拳によって散華する覚悟を見せていただけに、この退場は余計に凹みます~。
何度か感想に書いてる通り、メレの処理を考えると こーするしかなかったんかも知れませんが
だったらバエを生かす強引な設定の意味がよー分からんです(汗)。

ロンの最終形態(?)無間龍はグロかった。
いや怪人体の時からグロかったですが無間龍はそのデザインというより、描写が結構 残酷だったと思うんすよね。
川野君のアフレコも、声の加工もありーの2割増しぐらいで気持ち悪かったですし(笑)。
理央が玉砕戦法に出ても倒されなかったロンを、一体どーやって倒すんでしょうかねぇ~。
火山を噴火させて宇宙空間に飛ばし、考えるのを止めさすぐらいしか思いつきません(←“JOJO”やんけ!笑)。

演者4人による殺陣は頑張ってましたねぇ♪もっと長尺で観たかったなぁ~。
吹き替えなしでワイヤー使ったり、前宙したりもしてたし
最初の頃の殺陣なんかを思い出すと、一手一手に随分とキレがついて観てて普通に燃えました。

次回でホントに最終回なんですけど、正直 最終回の連続みたいな話が続いたので
ここへ来て どーもテンションが上がってきません。
うーん、どうやって終わらせるつもりなんやろう?
収拾がつくのか不安になる感じを、まさか戦隊モノで味わうとわね(笑)。

【お知らせ】ブログルポ内に作った特撮のシェアブログ(詳細は右サイドバーのバナーかコチラの記事から☆ )、少数精鋭ながら“テレビ番組”のカテゴリーで常に上位をキープしてます(笑)。随時 参加者募集中でございますので、ご利用してみてくださいませ!宜しくお願いします~。

ランキングバナー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。