混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ちりとてちん』第21週「嘘つきは辛抱の始まり」の雑感。★★★★
2008年02月25日 (月) 08:00 | 編集
ちりとてちん』第21週「嘘つきは辛抱の始まり」の雑感です!

恐るべし奈津子の“ネガティブレーダー”(笑)。


『ちりとてちん』完全版 DVD-BOX I(4枚組)2008年5月21日発売



※以下、ネタバレあり ご注意!



草若が亡くなり、その死を悲しむ一同。
しかし、小次郎が草若の代わりに買っていた宝くじが当たっているんじゃないかと騒ぎだし
お葬式の最中に上方落語界の四天王まで巻き込んで番号を確かめることに。
惜しいとこまで合ってて結果ハズレでしたけんど
その場の空気を変え、草若師匠は最後まで笑いを取って この世を去って行きました。

葬儀がすみ、草若の家には
当然 子供の小草若が住むべきやと草々は考えますが
四草の所へお世話になり、落語を続けていくという小草若から
草若師匠の落語を伝えていくためにも弟子を取れと、家に草々と喜代美(若狭)を住まわせます。
・・でも小草若、ホントは家賃収入 目当て(笑)?

てなことで、兼ねてから弟子入り志願をしていた木曽山勇助なる青年に
草若の弟子勢ぞろいで会う事に。
大学の落研出身で、就職せず草々の弟子になることを望んだ勇助の
落語への志の高さ、そして両親を早くに亡くしたという生い立ちに
自分を重ね合わせてしまったのか(笑)草々は勇助の弟子入りを認めます。
かくして喜代美の おかみさん修行も始まったワケですが、
家事全般を器用にこなし気が利く勇助に
拍子抜けするほど手がかからないと草々も喜代美も感心。

そんな折、小浜から“A子”清海が訪ねてきて
昔話に花が咲き・・とは書いたものの
“A子”清海の目的も真意も見えんし、その“影”もまだ はっきりしてへんので
観てるこっちはA子が徒然亭にやって来る度に、終始ドキドキしてました(笑)。

一番確かめたかったのは草々の様子だったのかも・・。

一方の勇助も徒然亭の弟子やのに
手のかからなすぎるところが奈津子同様 気になってたりして(笑)。

案の定、ボロを出し始めた勇助。
何やかんやと理由をつけてたことは 殆ど嘘で、サボる口実だったり、
家族が居ないというのも弟子入りするための大嘘でござーました(汗)。
しかも勇助は落語の“鉄砲勇助”さながらの嘘つきで
嘘をつくことを心底 楽しむ、性質の悪い嘘つき・・。
こんな勇助に当然 草々が怒り、破門寸前のところを助けたのは喜代美。
ここで喜代美が言うてたように
草若師匠なら勇助みたいな嘘つきを面白がるやろし、
自分の子供に愛情を注ぐ おかみさんの役割を
自然と果たしていた喜代美に、人間としての成長を見ましたね~。

親御さんを説得してから来いと勇助を実家に帰らせ
その後、勇助宛てに届いた お礼の手紙で
一つだけ嘘をついてなかったことを草々と喜代美が知ったシーンに
ホンワカし、勇助の成長も楽しみに思うたところで
“A子”清海が“B子”喜代美に、ボカーン!!(←心象表現です、あくまで。笑)・・と、次週は嵐の予感が。

この週はサイドストーリーでも結構大事な伏線を散りばめておりましたし
次回予告を観るだけで、もーハラハラ(汗)。
今の大河ドラマ『篤姫』よりも『ちりとてちん』の方が大河っぽく思えて来ましたよ~(笑)。

ランキングバナー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。