混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ゴーオンジャー』GP-07、「相棒アミーゴ」の感想。★★★★
2008年03月30日 (日) 16:50 | 編集

炎神戦隊ゴーオンジャー』GP-07、「相棒アミーゴ」の感想です!


「学校で習ったことがアルデンテ!」て、炎神たちに まさか学生時代があったとわ(笑)。
GP-07の あらすじは・・。

地中を動く蛮機獣らしき2つの反応を追いかけるゴーオンジャー。
反応の真上にあったタワーが、錆による腐食で突如崩壊したのも蛮機獣の仕業のようで・・。
分かれた反応を追ってゴーオンジャーも2手に分かれて追うことに。

軍平範人を連れ、元刑事の勘で湖(?)に辿り着くと
水面から伝説の炎神・ジャイアン族のキャリゲーターが出現!
その正体に最初は気づかず バルカとガンパードで攻撃してしまい、キャリゲーターの反撃をくらってしまう!

走輔早輝が追いかけていたボンベバンキも姿を現し
ケガレシアの策略で、キャリゲーターがガイアークと手を組んだとゴーオンジャーを騙し・・。

(以上、公式HP参照)


いつのまにか東映の公式HPがリニューアルしてて、なんだか目が慣れません(笑)。
この仕様やと、毎回のスタッフさんチェックはオンエアでないとキツイですな。

今回は初のサブライター回で担当は會川昇さん!
會川さん担当やと、脚本で詰め込み過ぎて本編でシーンカットみたいなことは ちと心配なんすが
今回は そこそこ消化出来てた思いますよん。
んでもってヒーローの窮地を描くことが大得意の會川さんですけん(笑)、エンジンオーが錆びてしまう このエピソードはもってこいやったねと♪

なるほど炎神は“命宿る機械”やから、錆には弱いんすなぁ~。
ガイアークは抜けてるよーで知恵が回ります・・でも最終的に抜けてますけど(笑)。

ボンベバンキのアカサビーム(笑)で3炎神が錆ついてエンジンオーに合体出来なくなり
キャリゲーターが人間(軍平&範人)のソウルの熱さを認めて、2体目のガンバルオーが登場・・と
序盤からの組み合わせの多さは『ボウケンジャー』を思い出させますね。
炎神だけで10体ぐらいには なりそーな予感が・・。
『ボウケンジャー』のビークルの増え方は、親御さんの財布に全く優しくなかっただけに『ゴーオンジャー』も ちと心配(汗)。

ガンバルオーは軸になるキャリゲーターがデカイだけに、なんか寸胴な感じが。
まぁ寸胴な方が いかにもロボっぽいですけどもね。
それでもガンバルオーの身のこなしは意外と素早く、ガンパードとバルカも攻撃でそれぞれ目立ったので良しとします♪
ハンドル回してバルカも回転!がツボでしたわ。

キャリゲーターは“歌舞伎”口調ってことでエエんでしょうか?
「ゲタ、ゲーター」とかオリジナリティー溢れてて、言い切れなかったりするんすよね~。
ジャイアン族は地球に居ても巨大なままでも平気なのかと思いきや、結局 最後は小さくなっとりましたな。

かたやボンベバンキは「~だべぇ」と“ド○ロベエ”口調だったりして
ケガレシアの「~で おじゃる」と口調がテレコになったり、コミカルで姑息な動きが楽しかったです。
そういえば軍平と範人もラストでテレコになってましたな。
確かに軍平が自分のこと「ボク」と言うのは、かなり違和感ありますじゃ(笑)。

【お知らせ】ブログルポ内に作った特撮のシェアブログ(詳細は右サイドバーのバナーかコチラの記事から☆ )、少数精鋭ながら“テレビ番組”のカテゴリーで常に上位をキープしてます(笑)。随時 参加者募集中でございますので、ご利用してみてくださいませ!宜しくお願いします~。

ランキングバナー

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。