混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ゴーオンジャー』GP-11、「電波ジャック」の感想。★★★★★
2008年04月27日 (日) 12:43 | 編集

炎神戦隊ゴーオンジャー』GP-11、「電波ジャック」の感想ですっ!!!

アンテナバンキをサポートする
カメラ担当のウガッツの撮影技術に、目を見張るものがありました(笑)。

GP-11の あらすじは・・。

レーサー走輔の世界GP参戦が決まり、早輝はアイドルに、そして連は日本一のクイズ王目前!?
TVから軍平と範人に飛び込んでくるニュース!
さらに大富豪から遺産相続人に選ばれ、飛んで行く範人を余所に(笑)
軍平は銀行強盗の容疑をかけられ、指名手配に!!

すべてはキタネイダスの仕掛けた計画で、蛮機獣・アンテナバンキの発する怪電波によって催眠をかけ
ゴーオンジャーを分断し、“エンジンオーG6”を使わせない作戦だったのだ。

警官たちを振り払って、4人に会いに行き説得しようとするも誰も軍平の話に耳を貸さず。。
その間、偽のニュース番組で次々と情報操作し環境悪化を進めて行くアンテナバンキ。
ガイアークの企みに気づいた軍平はゴーオンブラックに変身し、1人でアンテナバンキと戦うことに。
ボンパーの呼びかけにも4人の反応がなく・・。

(以上、公式HP参照)


いやー、今回も面白かった♪『ゴーオンジャー』はホント、レベル高いですねぇ~。
今回の話は“最高ノキセキ”の回と同じぐらい好きっす!
古怒田健志さんの脚本も、今シリーズ初投入とは思えないくらいの馴染みよう(笑)&緻密さで
あと数本は参加してほしーなぁと願いますです。

そのスキルとキャラの濃さから(笑)5人の中でも軍平は単独扱いに なりがちですが
立ち位置を上手く使って、仲間への想いを書いた秀逸なエピソードでしたな~。
軍平を観てて、ちょっと『デカレン』のホージーと重なりました。

走輔の熱いハート、早輝の決して挫けない笑顔、悪巧みを暴く連の知恵、そして範人の縛られない自由な心で
俺が倒れても4人が戦う・・って、やっぱ範人だけ少々微妙でしたけんどもね(笑)。
まぁ内職シーンを見せたりして、範人の存在そのものが
「自由に生きるのって大変なのよ」というチビッコへのメッセージなんですけども(←ホントかよっ!爆)。
そして軍平の想いを生中継で聞いて催眠が解け(?)、4人が物凄い速さで駆けつけたことは華麗にスルーします(笑)。
5→4→3・・と、カウントダウンでブラックから始まる今回の名乗りもカッコ良かった!

“エンジンオーG6”にならずにエンジンオー&ガンバルオー2体で戦ったりしたのも
ちゃんと理由付けがあって、すんなり楽しめたなぁと。ホントに脚本が素晴らしかっただす!

またTV番組の情報を鵜呑みにする怖さとか、扇動する力もあるんだよと見せつつ
思いがけず伝えたい想いや真実を流すことだって出来るのよと
今回のテーマはTVのメリットデメリットのトコも触れていたんじゃないかいなと。
ニュースを観てる人たちが扇動されて、正直ゾッとさせられるシーンもありましたが
個のレベルで作り手の意図や情報に流されない、真実を見極める力って大事やなと あらためて思いましただよ。

それにしても、ファン込みで早輝のアイドル姿はハマってたなぁ~♪
りな嬢のDVD買わせる気、満々ですやん(笑)。
十八番のアイドルネタを先に使われて、今後投入されるであろう荒川さんの手腕も気になるトコですじゃ。

【お知らせ】ブログルポ内に作った特撮のシェアブログ(詳細は右サイドバーのバナーかコチラの記事から☆ )、少数精鋭ながら“テレビ番組”のカテゴリーで常に上位をキープしてます(笑)。随時 参加者募集中でございますので、ご利用してみてくださいませ!宜しくお願いします~。

ランキングバナー

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。