混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『週刊 真木よう子』VOL.1&2の雑感。★★★★
2008年04月29日 (火) 11:30 | 編集
観てなかったワケじゃないんすよ、ここまで感想書くタイミングが無かったんす(笑)。

・・ということで『週刊 真木よう子』VOL.1&2の雑感です!

※以下 ネタバレあり、ご注意!


☆VOL.1「ねぎぼうず」★★★★
リリー・フランキーさん原作の「ねぎぼうず」。
やたら作品のエロさに多くの視聴者は注目されてましたが(笑)、
主婦の よう子がいったん旦那に電話をして部屋に戻ってくるシーンなどなどエロ以上に画の美しさが際立つ初回でした♪
まるで向こうの(←何処の?笑)映画のやう。
TVドラマの域は軽く越えちゃってましたね。

このシリーズの企画者であり
脚本&監督の大根さんは、ブログなどを読んでると
ルール無用の破天荒な方に見えますが、芯にある部分は繊細な職人気質の お人や思うわけでして
かつこれは作品への執着が生んだ映像美だったのよと♪

惜しむべくは30分枠という尺の短さ。
そして松島が よう子との再会のため、こんなややこしい接触を選んだのか
分からんといえば分からんいうことでしょうか(笑)。

☆VOL.2「スノウブラインド」★★★★
あたり一面の雪景色。静寂と狂気の狭間。
話自体はオーソドックスかなぁと思いますが
無駄な ぜい肉が無いぶん、人間の“怖さ”や“脆さ”をダイレクトに感じ
観ていて悲しくなりもした。


2本比べると、個人的には「スノウブラインド」の方が好みです。

この回も脚本&監督は大根さんなんすけど
編集の段階でオカタイところから有難い助言(圧力?)があったようで、大変だったみたいですな。
まぁ、映像作品の暴力描写なんかより
ご飯時に作為の入った情報をタレ流す報道の方が、よっぽど暴力的や思いますけどね(笑)。
エエもん作るために今後もこういった攻防は頑張ってほしいですじゃ。


初回、2回目と大根さんは勿論、主演の真木よう子さんの気概をヒシヒシと感じる良い滑り出しやった思います!
そして歌で始まるOPシーンも非常に良いです♪

DVDの話をするのは早いですが
完全版を観たらまた新たな発見が ありそうですなぁ~♪

ランキングバナー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。