混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『レスキューフォース』第6話「子どもたちはレイが 虹の架け橋」の感想。★★★★
2008年05月10日 (土) 16:58 | 編集

トミカヒーロー レスキューフォース』第6話「子どもたちはレイが 虹の架け橋」の感想ですっ!

食事中、何気に輝は寿里の隣を陣取ってるなぁ。そして石黒隊長に熱弁&噴いたメガネ研究者、GJ(笑)!

レスキューフォース特集へ

第6話の あらすじは・・。

対アンドロイド研究セクションから派遣された岡村尚美。
尚美はR3の前任者でもあり、アンドロイド(アクスト)訓練システムの情報収集のため“レスキューフォース”と同行することに。
レイは師匠にあたる尚美に輝との連携がうまくいってないことをボヤくが、
何に対しても真っ直ぐな輝の姿勢に意外と肯定的な尚美。

一方、ネオテーラのクライシスメーカーによる山間部の乾燥災害が発生!
災害現場の七色岳に向かった“レスキューフォース”はR2R4が救助活動にまわり、
R1R3は特殊信号から災害発生装置(クライシスメーカー)の追跡へ。
その頃 七色岳の虹に願いを叶えるべく小学生3人が山を登っていて・・。

(以上、公式HP参照)


『レスキューフォース』、まだまだ試行錯誤が続いてますな(笑)。
各シーンのバランスがもう少し良くなればなぁと思うのですが、撮影からオンエアまでの期間が長めなだけに
調整の難しさみたいなものもあるのかも知れませんね。
とは言え、リアクション デカめのレイや
サーン&シーカのドジっぷりなど、少しずつ面白シーンも増えて来てることは確かです♪
そして訓練中のR1輝の失敗も、この番組のデフォルトやと思い始めたら楽しくなってきました(えー。笑)。

前回の寿里メインの回でも思うたんすが、全体的に“泣き”の演技が多すぎる気がしやすね。
特に女性キャストを泣かしすぎ(汗)。んで、今回のレイも。そして子供も(笑)。
「よっぽどのことじゃない限り、泣いてほしくないな~」というのが個人的な意見でして
・・というのも安易に演者に泣かれると、視聴者が醒めると思うんですよー。
微妙なラインですが、作り手に“泣き”の演技を求められても
場合によっては泣きや感情を“堪える姿”であるべきなんじゃないかなと。
とにかく、良いものを作るために役者とスタッフ間で もっと意見交換してほしいんですよね~。

第1期のR3だった尚美の登場は、エピソードとして非常に良かったです♪
主要キャストもゲストやサブキャラクターと絡んだ方が活き活きしてるよーに感じますし、尚美の再登場は全然アリですわ~。
若かりし頃の石黒隊長の話など、チラリと出してなかなかニクイ脚本やなと(笑)。

また格闘タイプのR3レイがメインになることで、やはり殺陣のシーンが多くなりますね。
R3の殺陣は中でもカッコええです♪
ファイナルレスキューが必ず一番の山場になる必要は無いワケで、今回のような殺陣中心の回も増えてくると良いなと思います~。

【お知らせ】ブログルポ内に作った特撮のシェアブログ(詳細は右サイドバーのバナーかコチラの記事から☆ )、少数精鋭ながら“テレビ番組”のカテゴリーで常に上位をキープしてます(笑)。随時 参加者募集中でございますので、ご利用してみてくださいませ!宜しくお願いします~。

ランキングバナー

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
【写メですみません。】 急激な温度差に耐えられずダウンのため、寝床からレビューをお届けします~。 今回は乾燥超災害。 山に入った子供たちになんの乾きも見られなかったのはどーなのよ? 喉がかわいて水筒開けても水がない!みたいな危機感あふれる描写が足...
2008/05/10(土) 17:52 | 閑古鳥ぽよぽよ
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。