混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『週刊 真木よう子』VOL.7の雑感。★★★★
2008年05月16日 (金) 11:20 | 編集
『週刊 真木よう子』VOL.7の雑感ですっ!

このシリーズは登場する警官の“ダメ人間”率、100パーセントやなぁ(笑)。

※以下、ネタバレあり ご注意!

☆VOL.7「立川ドライブ」
キャバ嬢の“よう子”に入れ込む警官・松田の暴走・・。
大根さんのブログによると、今回脚本の赤堀さんが なかなか書けなかったようですな(爆笑)。
この裏話に「やっぱ“脚本家”と“戯曲(劇)作家”は異業種なんだなぁ。」と しみじみ。

結末のショッキングなシーンから始まって、269日前の出来事を経過で振り返っていくという展開だったので
最初は正名さん扮する松田のエスカレートするさまが怖かったんですけど、勝手に空回りしていく想いが切なくもあり
よう子は よう子で、男と上手くいっていない部分を、“仕事”を介して松田に甘えていたのかもなぁと。
まぁ、思い込んでしまった松田が悪いんですけどね(笑)。
“よう子の男”と松田の接触があるのかなぁと思ってたんですが、間接的に存在を知るまでにとどまり
あんだけ早いうちにストーカーしてたら、すぐ気づくんとちゃうかなぁとも思いつつ
気づかない松田に虚しさを感じました。

ここまでの中で、ストーリーで見せるものの中では「立川ドライブ」が一番の出来だったかも知れません。
大根さんが(ある意味)伊達に苦労しただけのことはありますよん(笑)。

ランキングバナー

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。