混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『仮面ライダーキバ』、第18話「カルテット・心の声を聞け」の感想。★★
2008年05月26日 (月) 00:00 | 編集

仮面ライダーキバ』、第18話「カルテット・心の声を聞け」の感想です。

一度仲良くなっといて、マミのことを「オバサン」と呼び続ける恵の好感度ウナギ下がりで(笑)。

後編、やはり石田監督の演出が鬱陶しい回でした。
でも小ネタというよりも、狂った名護を中心に鬱陶しかった(笑)。
ファンガイアとはいえ、警察に捕まった坂口を車ごと強奪する やり方は人間としてどーなんやろう(汗)。
まぁ、名護のゾンビ並の執念に そー思わせることが米村脚本の意図なんでしょうが
名護と坂口の“狂い対決”は正直観てて疲れましたさ。
いや、主要キャラの暴走は別にエエんです。でも“狂ってる人”は1画面に1人で充分ですよ(笑)。
それ以前に“(有)イクサ重機”を手に入れてといての この名護の暴走が既に無いですけどね。

話自体も もう少し盛り上がるかなぁと思ったんですけど
少女と音也の関係が深まらないままに、少女がバイオリンを諦めたように見えたので
次狼VS音也のビリヤードのシーンは つくづくいらなかったなぁと。・・あー、あのシーン小ネタだったな(笑)。
音也の「これからは本当にやりたいことだけをやるんだ。心の声に耳をすませろ。」は名言やと思いますけど
もうちょっと音也が少女の心を見抜いていたことをフィーチャーしてほしかったです。

音也の演奏を聴いて
少女=倉沢マミは親に言われるままに続けていたバイオリンをやめ、22年後はアーチェリーの選手に。
自分のやりたいことをやってるから、それだけ責任があるというか
怪我をしてでも練習を続けるマミはエライと思いますよ。
しかしシースターファンガイアに一回襲われた場所なんやから、練習する場所は変えた方が良いのでわ?
もしかしてトラウマ克服のために待ち構えてたんかいな(笑)?そして怪我の回復が鬼早い(爆)。

戦いにウンザリしてた渡も己の“心の声”のままに戦っていたことを思い出し、戦列復帰へ。
あのテンコ盛り、“ドガバキフォーム”いうんですね。なんちゅー安直な。
ドッガフォームが1回しか使用されてないだけに、この投入のスパンの短さに首を傾げます。

【お知らせ】ブログルポ内に作った特撮のシェアブログ(詳細は右サイドバーのバナーかコチラの記事から☆ )、少数精鋭ながら“テレビ番組”のカテゴリーで常に上位をキープしてます(笑)。随時 参加者募集中でございますので、ご利用してみてくださいませ!宜しくお願いします~。

ランキングバナー

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。