混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『週刊 真木よう子』(終)特別編の雑感&総評。★★★★
2008年06月27日 (金) 14:43 | 編集
『週刊 真木よう子』(終)特別編の雑感&総評です!!

真木さんの好感度が更に上がると共に、役者“杉J(←注:杉作J太郎の略)”の評価も上がった特別編(笑)。

※以下、ネタバレあり ご注意!

特別編は各話ごとの連想するワードで真木さんがインタビューを受けーの、
メイキングと共演した役者さんたちが“真木よう子”を語る・・といった内容でした。

大根さんが立ち上げた企画ですけん、特別編といっても丁寧な仕事じゃろうなぁと観る前から思ってましたが
飽きさせることなく素顔の真木さんも見れて良かったっす♪

『いいとも』のテレフォンに出てたときにも思ったのですけど、真木さんはウラオモテの無い人なんやなぁと。
あまりに真木さんが ぶっちゃけすぎて、マネージャーやスタッフがアタフタしてる感じが
手に取るように分かって面白いです(笑)。
かつ、現場では常にスポンジのように あらゆるものを吸収しようとしてて
仕事に取り組む姿勢は真摯なんすよねぇ。

VOL.2「スノウブラインド」の男の子が、ちゃんと自身の役割を理解していて
そこら辺の大人より しっかりしているという話は聞いてたんすけど
本人のインタビューの受け答えを観てなるほどなと。
でも撮影中(後?)の顔に血糊ベッタリでのインタビューだったので、ちと可哀想だったかも(笑)。

EDにスチャダラパーの『ライツカメラアクション』のPVも少し流れまして
展開が気になって その後、大根さんのブログでフルサイズがUPされてたのを観たんすけど
曲がカッコ良いのは勿論、手が込んでるPVなんす!まー、これが素晴らしいのでチェックしてみてくだしゃんせ♪
てか、大根さんは杉J使うの好きやなぁ~(笑)。


次に総評ということで、個人的に好きな作品順に並べてみますと

1.「おんな任侠 筋子肌」
2.「魔女がアタシを」
3.「蝶々のままで」
4.「チー子とカモメ」
5.「立川ドライブ」
6.「トラ・トラ・トラ」
7.「スノウブラインド」
8.「ひなかの金魚」
9.「中野の友人」
10.「ねぎぼうず」
11.「恋泥棒ヨーコ」
12.「景色のキレイなトコに行こう」

こういう感じになります。
意外と「トラ・トラ・トラ」が上位なのに、自分でも驚き(笑)。

「おんな任侠 筋子肌」と「魔女がアタシを」は、あえて順位をつけると・・というだけで同じくらい好きですねぇ。
後半戦の作品の大半が上位になって
シリーズのうち半分の演出をした大根さんの作品も偏ることなく、まんべんなく並んだ感じで
撮影の前半戦の作品は かなり苦労したのではないかいなと。
なので30分の尺の中で多少難解な話や消化不良に感じるものは、下位になってしまいました。

これがまたDVDになるとディレクターズカットで印象が変わる可能性があるので
あくまでTV版の視聴の評価として参考にしてくださいませ。

ちなみにDVD-BOXがなかなかの お値段でして(笑)、まぁこんだけの作り手や役者さんが集まると
こんだけ高くなるのも仕方が無いと思われ。
でも作品別に1枚ずつもリーズナブルに発売されますので、好きな作品や気になるものだけをチョイスしたり
少しずつ揃えていくのも良いかも知れませんね。

ということで、『週刊 真木よう子』の記事は一応これでコンプリートでございます~。
演者さん・スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした!

そして、視聴とともに記事にお付き合いくださった全ての皆様に感謝♪

ランキングバナー

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。