混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ゴーオンジャー』GP-24、「最初ノエガオ」の感想。★★★★★
2008年08月03日 (日) 14:18 | 編集

炎神戦隊ゴーオンジャー』GP-24、「最初ノエガオ」の感想です!!

死してなお、戦いを挑むヒラメキメデス完結編(笑)。
DVD『逢沢りな Smile』

人気キャラクター大集合! 「バンダイストア」オープン

GP-24の あらすじは・・。

ヒラメキメデスを倒し、ドライブで自然を満喫するゴーオンジャー。
樹齢1000年の古木があるという この森に、早輝は以前 来た覚えがある様子。

ギンジロー号が謎のエンスト中、森の中で一人の男の子の姿を見つけた早輝。
迷子かも知れないと早輝が男の子を捜していると、蛮機獣とは違う怪物(伐鬼)と遭遇!
ゴーオンイエローに変身し戦うも、攻撃がまったく効かず怪物に吹っ飛ばされてしまう!

早輝と連絡がとれなくなり
森の中へ入った走輔、範人、軍平の3人や、ギンジロー号の修理をする連の前に次々と起こる怪奇現象!
しかしそれは幽霊となった“ヒラメキメデス改め、ウラメシメデス”の怨念による仕業だったのだ!

男の子に助けられた早輝は、子供の頃キャンプで行った この森で迷子になり そっくりな男の子に励まされたことを思い出し・・。

(以上、公式HP参照)


早輝メインと平行して、まさかのヒラメキメデス延長戦(爆笑)!!
前回の気持ちの入れ方といい、脚本担当の古怒田さんはヒラメキメデスが大好きだったんでしょうね~。
ヒラメキメデスからデタラメデス、幽霊となって“ウラメシメデス”と ここまで名前が変化したキャラも珍しいですな。
さらに口癖の「ポク、ポク、ピーン」が、木魚と鈴を連想させる「ポク、ポク、チーン♪」に変わってたりとホントに芸が細かいっす(笑)。

一応この時期やから、納涼込みの霊的なエピソードって戦隊モノでも多いと思うんですけど
幽霊となったウラメシメデスが亡者を集め、ほいでもってサムライワールドまで行って“伐鬼”を連れてきたりと
ここ最近のシリーズの中でも よく練られた話やったと思いますね。
映画で中心となる“サムライワールド”の世界観も上手く入れたもんやなと。

怪奇現象のシーンも手が込んでましたねぇ。
木についた無数の目も怖かったですが、連の見た巨大な猫が個人的に衝撃でした。
んで、さすがの須塔兄妹も お化けには弱かったのね(キャラ崩壊間近か!?笑)。

また早輝のスマイルの秘密が明かされて、これも素敵エピソードでした♪
「怖いときや寂しいときは、笑えば勇気が湧いてくる」って良い言葉だなぁ~。
ウイングスの話が このところ多かっただけに、このエピは序盤に持っていっても良かったよーにも思えますけんど
逢沢りな嬢の役者としての成長を待ってのタイミングだったのかも。
攻撃が伐鬼に効かなくても立ち向かうゴーオンイエローはカッコ良かったです!

巨大戦は伐鬼とウラメシメデスが合体し、対抗するエンジンオーG9はベタを通り越しての斬新な“清めの塩”攻撃(爆)。
イエローの「成仏♪成仏♪」「いくよ♪G9成仏グランプリ!」には噴きました(笑)。

ちなみに千年杉の精霊だった男の子は、『エジソンの母』に出てた子ですね!
役が混同して途中質問攻めが始まらないかと心配しましたが(えー、笑)どーりで巧いと思いましたわ♪

【お知らせ】ブログルポ内に作った特撮のシェアブログ(詳細は右サイドバーのバナーかコチラの記事から☆ )、少数精鋭ながら“テレビ番組”のカテゴリーで常に上位をキープしてます(笑)。随時 参加者募集中でございますので、ご利用してみてくださいませ!宜しくお願いします~。

ランキングバナー

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。