混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『レスキューフォース』第34話「戦いはあくまで 人命救助のために」の感想。★★★★★
2008年11月22日 (土) 13:39 | 編集

トミカヒーロー レスキューフォース』第34話「戦いはあくまで 人命救助のために」の感想です!

今回のエピソードは、“ダーエン大淵”クール以来の黒い話ですた(笑)。

レスキューフォース特集へ

第34話の あらすじは・・。

レスキューフォースにやってきたスーツ姿の男・白石は
レスキュービークルに技術協力している企業“パイロンコーポレーション”の社員。
ビークルの調査も兼ねて、隊員たちの訓練の見学に来たらしいのだが・・。

白石の誘いもあり、休暇を使って“パイロンコーポレーション”の技術開発局を訪れた石黒隊長は
用途によっては危険なエネルギー“マイクロウェーブ送電”を白石たちが研究していることを知る。

マールたちのハッキングで“マイクロウェーブ送電”の施設が突如 暴走し、周囲を破壊!
石黒隊長と白石たちは建物内に閉じ込められてしまう!!

総司令の指揮のもと、救出のため技術開発局へ向かうレスキューフェニックス。

施設内に要救助者がいないか捜そうとする石黒隊長に、白石は勝手に動き回っては困ると言い出し・・。

(以上、公式HP参照)


タイトル通り『レスキューフォース』は戦闘じゃなく、人命救助優先のヒーローであるという原点回帰な今回でしたね。
・・かつ、技術は使う人間によって悪用も出来るというテーマもコミコミーの。

色んな要素を詰め込み気味ではありましたが、装備やビークルのバリエーションも増え
レスキューフォースが強化されていってるなかでの今回の話は素晴らしかったと思います。

“パイロンコーポレーション”の白石を中心に
武器に転用できる攻撃用プログラムが開発されていた“マイクロウェーブ送電=マイクロウェーブキャノン”。
この、一企業が開発っていうのがリアルな怖さを醸し出してます。
更に白石はレスキューマックスのシステムを利用した兵器にしたいと
レスキューマックスの図面欲しさでレスキューフォースに来ていたとわ、つくづくオソロシイ男です(汗)。

そんなマッドサイエンティストなりかけの白石を改心させたのは、自身と仲間の社員を救った石黒隊長の献身的な人命救助でした(涙)。
特に、人工呼吸とAED使用という具体的な救助方法を石黒隊長が行うシーンは感動的で
岩永さんの役者根性も見れたし、何よりチビッコ視聴者への良い教育になったと思いヤス。
改心した白石は、レスキューフォースの救助活動をサポートする研究を隊長と約束しましたけんど
マイクロウェーブキャノンなんて物騒な兵器を彼は秘密裏に作ってたんやから、まずは警察に御厄介にならねばアカンのとちゃうかなぁ(爆)???
また、この白石のマッドぶりから改心までを3話分ぐらい使っても良かったかも(笑)。

詰め込んでても石黒隊長不在を総司令がフォローしたり
マイクロウェーブ送電が暴走しているとわいえ一企業の施設なので、ちゃんと許可をもらってからの破壊と
川崎ヒロユキさんの書く脚本は やはり過程が丁寧でございましたな♪

【お知らせ】ブログルポ内に作った特撮のシェアブログ(詳細は右サイドバーのバナーかコチラの記事から☆ )、少数精鋭ながら“テレビ番組”のカテゴリーで常に上位をキープしてます(笑)。随時 参加者募集中でございますので、ご利用してみてくださいませ!宜しくお願いします~。

ランキングバナー

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
【スペルが適当です。】 サブタイトル「戦いはあくまで人命救助のために」。 石黒隊長が動く回は心なしかスタッフの気合が違うような(笑)。 最近のレスキューフォースって深く考えずにネオテーラとガチンコで戦ってるよなー。 世界消防庁ってどんどん兵器化が進ん...
2008/11/22(土) 15:53 | 閑古鳥ぽよぽよ
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。