混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『レスキューフォース』第43話「ありがとうレイ キツネの話は忘れない」の感想。★★★★
2009年01月31日 (土) 16:27 | 編集

トミカヒーロー レスキューフォース』第43話「ありがとうレイ キツネの話は忘れない」の感想です!


マーエンはホログラムなんやから、直接回線つなぐの変じゃね?・・的な(笑)。


レスキューフォース特集へ

第43話の あらすじは・・。

世界消防庁の最新鋭の人工知能“カイ”の教育係を任されたR3レイ。
レスキューフォースをサポートするセントラルAIとなるカイに
人の心や考えを教えるため、絵本を読み聞かせたりとレイは奮闘。


一方、マーエンはサーンの頭脳を通してコンピュータ・ウィルスを街にバラ撒こうと画策。
ウィルスによるメカの混乱で火災が発生し、緊急出動するレスキューフォース。
カイはコンピュータ・ウィルスを破壊するワクチンを作り、この事態を一気に鎮圧するも
ウィルス分析の影響からか カイのシステムが暴走!
レイは研究員たちとともに施設に閉じ込められてしまう。

「私は消されたくない」と訴えるカイ。
2週間前、カイのプログラムに欠陥が見つかり
カイ自身が消去されると理解しながら学習を続けていたことを知ったレイは・・。

(以上、公式HP参照)


「ただ 人を救うために、精一杯を尽くす。」
レスキューは誰かを助けるために自分を犠牲にとは考えていない。命がけで精一杯のことをして何が起きようとも
それは結果に過ぎないと。

読み聞かせていた絵本“ぎんいろのきつね”の物語を介し、レイがカイに諭す言葉はシビアーで重い台詞でした。
しかし このニュアンスが観てる子たちに上手く伝わっているかは、難しいトコですね~。
今回のエピソードは全体的に惜しいなぁという感じ。

コンピュータ・ウィルスによる2次災害を狙った展開だったので、『ケータイ捜査官7』っぽい話でもありました。
カイはアンダーアンカーの“エライザ”と“フォンブレイバー”を足して2で割ったような存在ですかな?・・って観てない人にはまったく分からん例えですね(笑)。
携帯電話型のロボットや車に搭載されたAIでもない
マザーコンピュータータイプのAI相手に、レイ役の はるの嬢はとても頑張っておったのですが
個人的には感情移入し辛かったっす。

それでもコンピュータ・ウィルス分析の影響で感情がムキ出しになってしまい
本当は消されたくないと思っていたカイには切なくなりましたよ。

自分が消去されると分かっていながら、レイとの学習を続けてたってのも・・。
以前にR1輝の読めない行動パターンのせいでコアストライカーAIが不具合を起こした回(第8話)では
新しいものに交換するよう自ら勧めたAIの潔さも切なかったですけどね(笑)。

人間の感情を理解するまでに達した人工知能ならではの悲しいエピソードでございました。

・・って、明らかにユルそうな次回予告とのギャップがスゴイ(笑)。

【お知らせ】ブログルポ内に作った特撮のシェアブログ(詳細は右サイドバーのバナーかコチラの記事から☆ )、少数精鋭ながら“テレビ番組”のカテゴリーで常に上位をキープしてます(笑)。随時 参加者募集中でございますので、ご利用してみてくださいませ!宜しくお願いします~。

ランキングバナー

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
【本編見てない人には何の画だかさっぱりだ。】 ***** ぎんいろのきつねは なかまとたのしく くらしていました。 あるひ ぎんいろのきつねが でかけているあいだに なかまが なだれにあって いきうめになってしまいました。 ひっしでたすけようとする ぎんい?...
2009/01/31(土) 18:32 | 閑古鳥ぽよぽよ
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。