混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『シンケンジャー』第十二幕「史上初超侍合体」の感想。★★★★★
2009年05月04日 (月) 00:40 | 編集

侍戦隊シンケンジャー』第十二幕「史上初超侍合体(しじょうはつ ちょうさむらいがったい)」の感想ですっ!

流ノ介、初めて殿に褒められる?の巻(笑)。
DVD『涼花の夏物語』森田涼花◆20%OFF!

人気キャラクター大集合! 「バンダイストア」オープン

第十二幕の あらすじは・・。

ウシロブシの攻撃で窮地に追い込まれるも、戦いに腑破十臓が割って入ったことで難を逃れたシンケンジャー。
シンケンレッドを庇い重傷を負ってしまった流ノ介 ことは
殿・丈瑠は誰に声をかけることもなく、屋敷を出て行ってしまう・・。

自分を守るため命を顧みず盾となる家臣たち、志葉家十八代目当主としての重責に思い悩み
あてもなく街を彷徨う丈瑠。
そんな丈瑠をジイ・彦馬はあえて探そうとはしない。
そして丈瑠の心情に気づいた茉子の言葉に、耳を傾ける一同。

戦いに十臓の邪魔が入ったと聞いた血祭ドウコクは再び怒り、三途の川で十臓を封じ込めようとするも
半分人間であるため逃げられてしまう。

偶然街で出会った園児にモヂカラで出した紙を折り、紙飛行機を作る丈瑠。
先生から、園児の父親が怪物に襲われて亡くなったと聞き・・。

(以上、公式HP参照)


ウシロブシの鬼刀二段斬りって、衝撃波と太刀の二段構えってことだったんすね(笑)。

殿と家臣、互いに命を預けると誓い結束を深め&祝・津田寛治さん、顔出し登場な今回(笑)。
丈瑠の父役が津田さんだと分かってても、ちゃんとした顔出しは かなり引っ張ってたのでハラハラしましたよ。
殿として満身創痍で息子に使命を託すシーンと
父として紙飛行機を折って飛ばすシーンとの対比は観てて泣いてしまいます(涙)。さすが津田さんやなぁ~♪

殿・丈瑠がいないという非常事態に、いつもより陽気に振舞うジイ・彦馬。
でも帰ってきた丈瑠を出迎える その姿から一番心配してたんやなと(笑)。
丈瑠不在の お屋敷を取り仕切らなければならないので、微塵も不安な姿を見せない彦馬は見事でした。

それぞれ思うことはあっても、深く お互いを知るということを避けてた感はあったシンケンジャー。
ある意味ドライでないと あまりに重い使命ですしね。
んでも外道衆に立ち向かうためには より強い結束が必要であり、互いを見つめあうには とても良い時間だったんだなと。
これまでの布石から、丈瑠の気持ちを茉子が気づくキッカケとなるってのも 自然でしたね。

そして恐らく外道衆に父親を襲われたであろう園児に出会い、丈瑠は待ったなしな戦いへスッと戻れたのですな。
園児と先生に触れ合っている青年らしい丈瑠のシーンも今回 非常に良かったです!

ウシロブシの必殺技をレッドが すでに見極め、時間を稼ぐ家臣たち。
そして新しい侍合体を模索してレジュメ(?)にして配るブルー流ノ介(笑)。
この代にしかないシンケンジャーのコンビネーションと、テンクウシンケンオーの登場ってのが感じられる設定も好き。
そして某蛮ドーマのように飛行を始めたナナシ連中もイカシテました(笑)!
んでもテンクウシンケンオーの前ドリルって、地上戦では視界の邪魔になってるんですけどね・・。

あと生身の殺陣も皆良かったのですが「出来ればシンケンマルはモヂカラで出してほしかったんすよな~」ってことで。

【お知らせ】ブログルポ内に作った特撮のシェアブログ(詳細は右サイドバーのバナーかコチラの記事から☆ )、少数精鋭ながら“テレビ番組”のカテゴリーで常に上位をキープしてます(笑)。随時 参加者募集中でございますので、ご利用してみてくださいませ!宜しくお願いします~。

ランキングバナー

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
【殿その言い方はひどいよ(笑)。】 たかが折神の寄せ集め@アヤカシさん とはいえ合体した数だけ強くなるのが最近の戦隊のお約束。 去年より見た目はロボっぽいけど、虎のドリルは何かついてるところが微妙だぞ!
2009/05/04(月) 18:41 | 閑古鳥ぽよぽよ
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。