混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『シンケンジャー』第十三幕「重泣声」の感想。★★★★★
2009年05月11日 (月) 00:36 | 編集

侍戦隊シンケンジャー』第十三幕「重泣声(おもいなきごえ)」の感想です♪

恐怖の“茉子ちゃんクッキング”、再び(笑)。
DVD『涼花の夏物語』森田涼花◆20%OFF!

人気キャラクター大集合! 「バンダイストア」オープン

第十三幕の あらすじは・・。

茉子が晩御飯の用意を始めていると知り、皆が怯えるなか
姉のように茉子を慕う ことはだけが喜ぶ(笑)。
そして ことはの話から
夜、寂しくなって笛を吹いていた ことはの気持ちに気づき、茉子が励ましていたことを知る一同。

スーパーへ材料を買いに行った茉子は
アヤカシ・ナキナキテが自身の分身“白鬼子”を子供と次々すり替え、親に置いてけぼりにされた子供たちを目撃。
茉子の連絡で駆けつけたものの、ナキナキテの分身“赤鬼子”に取り付かれ
身動きが取れなくなってしまう殿・丈瑠流ノ介千明の3人。

攻撃すると背負っている者のダメージとなり、何かの拍子で泣き出すと一斉に重くなるため
抱きつかれた“赤鬼子”を赤ん坊のように あやし、3人は重さを軽減(笑)。
幼稚園で働いていた茉子が中心となって
被害にあった子供たちを元気にし、三途の川の水かさは増えずにすんだのだが・・。

(以上、公式HP参照)


何が怖いって、全身タイツのシンプルさが怖い!
大人サイズでガタイの良い“白鬼子”を子供だと信じて連れている親たちの画は
なかなかゾッとするものがありました、ぎゃー!
ちなみにナキナキテの声は納谷六朗さん。
今回の対比から、某臨獣殿のカタより先に思い出したのは『クレヨンしんちゃん』の組長先生の声だったりして(笑)。

“赤鬼子”に取り付かれたのが茉子と ことはだったら
色んな方面からクレーム殺到かもなぁ・・ということで、ダブルヒロイン編(笑)。

思い悩むことや寂しい想いを いち早く察知し、皆を励ます側に回ることの多い茉子。
ナキナキテとの戦いで負傷したことを ひた隠し、子供たちを元気づけるために全力を注ぐ姿に泣けました。
ことはにだけ見せた茉子の普通の結婚&普通の母親になる夢と、ほんの少しの弱音。
いつも茉子に励まされていたものの、茉子の気持ちを知り
今度は茉子を励まし支えようと思う ことはの心に涙倍増でございました~。
ううーん、どっちもエエ子やなぁ(泣)。

戦闘シーンはシンケンピンクの“風”イエローの“山”のモヂカラを組み合わせて“嵐”を作るという発想は
かなり良いですじゃ♪
ダブルヒロイン編で たまに不満なのは、雰囲気で敵に勝つときがあることだったので(笑)
2人以上の力をモヂカラで発揮できる今回の戦いは納得です!
今後、他の皆とのモヂカラの応用も沢山でてきそうですよね。

そして目には目を、歯には歯を、重石には重石を・・な巨大戦(笑)。
シンケンオーが“赤鬼子”に取り付かれ、思うように動けないなか
ダイテンクウで応戦!・・かと思いきや、ブルーの発想で あくまで重石としてダイテンクウがナキナキテに乗っかり
ハンデを対等にするという正々堂々バカぶり(笑)。
仲間からは非難轟々、何だかんだオイシイな流ノ介!
・・と思いつつ、彼がアイデアマンの立ち位置を確立し始めていることにも気づきましたよ。

ラストオチは やはり“茉子ちゃんクッキング”!
黒子たちが殆ど作った(らしい)ハンバーグで油断させといて、
茉子のオリジナル付け合せで卒倒させるという罠は見事としか言い様がありませぬ(笑)。
殿・丈瑠は今回最初から最後まで御難続きでしたね~。
せめて茉子ちゃん、玉ネギの茶色い皮をとって刻んでほしいですよね。

【お知らせ】ブログルポ内に作った特撮のシェアブログ(詳細は右サイドバーのバナーかコチラの記事から☆ )、少数精鋭ながら“テレビ番組”のカテゴリーで常に上位をキープしてます(笑)。随時 参加者募集中でございますので、ご利用してみてくださいませ!宜しくお願いします~。

ランキングバナー

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。