混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『レスキューファイアー』第13話「学園はオレがまもる 笑顔の向こう側」の感想。★★★★
2009年06月27日 (土) 23:36 | 編集

トミカヒーロー レスキューファイアー』第13話「学園はオレがまもる 笑顔の向こう側」の感想です!


お台場のガン○ムが火炎魔人に選ばれなくて何より(笑)。

第13話の あらすじは・・。

食事に出かけた先で、年上の女性を連れてやってきたタツヤを見つけるリツカタマちゃん
余計な詮索はしたくないが2人の関係が気になる様子。
タツヤもリツカとタマちゃんに気づき、“Qすけ”を囮に その場から逃走(?)。

世界消防庁の情報管理センターがジャカエンの襲撃に遭い、大河隊長がタツヤとリツカに連絡を取ろうとするも通信は妨害を受け
単独で現場に向かうファイアー2・ユウマ。ジャカストたちは排除したが、その目的は・・。

“Qすけ”からタツヤが福祉施設“ひまわり学園”で育ったこと、あの女性はタツヤが姉のように慕う学園のミエ先生だと知るリツカとタマちゃん。
「人には内緒にしておきたいこともある・・」とタマちゃんを連れて去るリツカ。

ジャカストたちによる情報管理センターの襲撃は、ファイアー1・タツヤの個人データを奪うことにあり
小さいころ火事で両親を失い、タツヤにとっては心の故郷である“ひまわり学園”にウカエンは狙いを定め・・。

(以上、公式HP参照)


タツヤの生い立ちが明かされながら、心の故郷“ひまわり学園”が狙われ火事に遭ってしまいました(悲)。
うーん酷な展開。これは凹む。
事実明かされて すぐだったり、誕生日会で皆が楽しんでいるトコを襲撃ってのが余計にそう思わせます。
タツヤの怒りで返り討ちにして、これで敵対するジャカエンとの図式がよりハッキリしたとも言えますが
今後ジャカエンのコミカルなエピが書きにくくなりますねぇ。いや書くだろけど(笑)。

救いは皆が総出で“ひまわり学園”再建に協力しているラストですね。
ユウマの家業の鳶がここで活かされてるし、ジロウも隊長も重宝されてますし♪
でもタマちゃんの料理には気をつけて、みんな(笑)!
思い出が詰まった学園は焼失しましたが
やはり命があって気持ちが折れてなければ やり直せる立ち上がれる、一番大事に守られるべきものは命だということも感じれたし今回 良い締めだったと。

また、子供たちが寝ているシーンで
火炎魔人になる玩具のロボットだったり、飼ってる小鳥を先にさり気なくインサートしてたり
演出は結構 細かかったですな。

着ぐるみとCGを巧く使ったロボットエンも良かったです。分離の発想はロボットならでは。
でも怒りの勢いで倒されたのは ちと不満(笑)。

それにしても、救急車に運ばれるときのミエ先生。
そして火事で燃えてしまった“ひまわり学園”を泣き崩れるタツヤをミエ先生の言葉で励ます女の子。
・・もー、あの演出、ミエ先生死んだかと思ったやーん(笑)!
皆して大工仕事してる中にミエ先生が ちゃんといてホッとしました(汗)。

ランキングバナー

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
【意外な才能。】 今回はファイアー1の過去バナということだったんですが。 いつになくヘビーというか今までで一番重い設定だったかも。 まあ昔のロボット乗り主人公はだいたい孤児が多かったんですけどね(え)。
2009/06/28(日) 13:34 | 閑古鳥ぽよぽよ
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。