混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『仮面ライダーディケイド』、第22話「ディエンド指名手配」の感想。★
2009年06月28日 (日) 16:55 | 編集

仮面ライダーディケイド』、第22話「ディエンド指名手配」の感想です。

純一の作り笑顔がすんげー怖い(笑)。

ディエンド大樹の世界 前編。

今回は いつもより短めに。

士たちがやってきた世界は、一見のどかな山間の田舎。
皆が礼儀正しく挨拶し、困った人がいたら過剰なまでに親切にしてくれます。
んでもディエンド大樹の指名手配がやたらめったら掲示されてて、田舎には似つかわない風景。

種を明かせば ここはダークローチたち怪人を率いたフォーティーンなる男が支配する世界。
“偽りの親切の世界”で、少しでも親切にしない者はローチにさらわれ洗脳されとるよーで。
ユウスケがローチに捕まって何か注入されてましたけど、この世界の後どない収拾なさるおつもりなんでしょうかね?

エリア管理委員会の次官で大樹の兄らしい純一も洗脳されとる感じなんですかのう?
純一はローチや村民たちと敵対する仮面ライダーランス、ラルクに変身する慎、春香の仲間だったやうですが・・。
この3人って劇場版ブレイドの3人なんすね、個人的にブレイドに全く興味ない人なのでテンション上がらず
冷静に観れたのはかえって良かったです。

今回は正直、場所だの人物だのが変わっただけで前回の“ネガの世界”と殆ど変わってない印象があります。
支配する者、される者、狙われる者。
そして人によっては、とても都合の良い世界。
意図的に似た世界を続けて書いたよーには あまり思えず
台詞や演出の気持ち悪さ(バス停とか、山田商店の社員が全員メガネとか)だけが残ってしまいました。
今回の設定を詰め直すぐらいだったら、このエピを“ネガの世界”にして続けてやった方が まだいいよと(笑)。

井上御大の脚本に加えて、石田監督。
ちょっとハードル下げて観ないといけないことが辛いですね。

ランキングバナー

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
【なんだこのピングーみたいな生物。】 OPが2番に変わりました。 「ディケイドはこれから第2章だぜ!」ってことなんでしょうが、その第2章の行方がまったくわかりません。 もう「アナザーライダーワールド」じゃないもんなー。
2009/06/28(日) 18:53 | 閑古鳥ぽよぽよ
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。