混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『仮面ライダーディケイド』、第27話「BLACK×BLACK RX」の感想。★★★★
2009年08月02日 (日) 17:02 | 編集

仮面ライダーディケイド』、第27話「BLACK×BLACK RX」の感想ですっ!

離れていても“霞のジョー”は“『24』の吹き替えの世界”で戦っている・・というお話(←違!笑)。

BLACK→再びRXの世界。

アポロガイストを追ってやってきた世界にも“南光太郎”がおり
RXとは別の仮面ライダー“BLACK”に変身し、その攻撃を受けるディケイド。
割って入ったディエンド大樹から ここが“BLACKの世界”で、この世界の光太郎とRX光太郎とは別人だと聞かされる士。
おお、“BLACK”と“RX”は過去と未来の関係かと思いきや『ディケイド』では別世界に分けてしまってるんすな。

姿を見つけアポロガイストのパーフェクターを狙うディケイド。
アポロガイストに子供を人質に取られ躊躇するディケイドに対し、容赦なくアポロガイストを撃とうとするディエンド(酷!)。
子供を庇うディケイドの姿を見て、今度はBLACK光太郎がディケイドの加勢に!この判断力が とても気持ち良いですねぇ~。

この世界の敵組織“ゴルゴム”と手を組んだ大ショッカー。
何者かによって“世界を繋ぐ橋”が作られ、大ショッカーの幹部は その橋を使い怪人を送り込んでいるのだと。
そして、士のやうに“RXの世界”から“BLACKの世界”にやってきて閉じ込められたBLACK光太郎の仲間。
その仲間こそRX光太郎が捜していた あの“霞のジョー”!ううーんスゴイ展開。
何度か観返さないと今回の内容は増幅してこないのが勿体無いような嬉しいような。

大ショッカーと手を組んだクライシスも“BLACKの世界”に攻め込み、BLACKとディケイドが共闘。
BLACKの援護もあってディケイドは“世界を繋ぐ橋”から再び“RXの世界”へ!
仲間の大切さを知ったディケイドに“BLACK”のカードが追加。
そのカードでディエンドがBLACK光太郎を召喚し、BLACK&RXのダブル変身!!うおー、めっさ豪華♪
殺陣では怪人がワンクッションして下に落ちたり、何気にスゴイことさせてますね金田監督(笑)。
この後のRX対アポロガイストも燃えました!

せっかく手にしたパーフェクターをディエンドに盗られ、夏海の命も助からず・・かと思いきや
大樹がパーフェクターを士に渡し(「僕を見ていてくれ」云々って、ここらへんの流れがイヤ。笑)
パーフェクターを介し自身の命を削って、夏海を生き返らせる士。
うーん、この士のプロット 終盤に活かしてくると面白そうですが全スルーもありそう(笑)。

26&27話は倉田さんの好演もあり、米村脚本も金田演出もガッチリはまって面白かったです。
しかし、士や夏海のキャラ補正は ちと大変そーでしたね。
やっぱ井上脚本で話の土台が相当壊され、瓦礫の上でジェンガを組もうとしてるよーなものだと思うので
その後キャラの違和感を感じる視聴者が居ても変ではないなと。

次回は これまたビックリの“アマゾンの世界”!?昭和ライダーの中でもフォルムが大好きだったアマゾン!
しかし子供の頃『アマゾン』の再放送を待ち望んでも叶わず、一度も本編を観れなかった記憶が甦りました。
今思うに大人の事情が絡んでたんすね、きっと(笑)。

ランキングバナー

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
【地味にアポロガイストでしゃばった(笑)。】 昭和の風がこんなに心地いいなんて……。 やっぱりヒーローはどこまでもまっすぐで爽やかで、悪の怪人はずるくて卑怯で子供を人質にとらなきゃダメなんだなきっと。 こっちもぐったりモードで見てたんで、記憶がほぼない...
2009/08/06(木) 14:20 | 閑古鳥ぽよぽよ
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。