混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『シンケンジャー』第二十五幕&第二十六幕の感想。★★★★★
2009年08月24日 (月) 09:11 | 編集

侍戦隊シンケンジャー』第二十五幕&第二十六幕の感想です!!

こちらも無理をせず、2話分の感想のみで。
DVD『涼花の夏物語』森田涼花◆20%OFF!

人気キャラクター大集合! 「バンダイストア」オープン

第二十五幕「夢世界(ゆめせかい)」★★★★

スーパー朴路美タイム!な今回。朴さんの女優魂はエエもん観たなぁと♪

自身の料理の腕に ようやく気づいた茉子。・・遅っ(笑)!
それでもめげずに料理本を買っていたら、街で薄皮太夫に遭遇。
薄皮太夫は三味線の皮の修繕に手頃な男を探してたんすな~(怖)。
更に血祭ドウコクの命令で薄皮太夫に夢を見させるためにアヤカシ・ユメバクラも出現。
ここで、颯爽と出てきたけど秒殺で眠らされた源太が非常にGJでした。あと、ミシュラン三ツ星の夢も(笑)。

眠った人間を夢の世界の出入口にして瞬間移動し、茉子と薄皮太夫も眠らせるユメバクラ。
そこで茉子が見たのは恋仲の男に裏切られた女の情念、祝言の屋敷に火をつけ外道に落ちた薄皮太夫の夢。
三味線は男の霊魂(?)を封じてるんすね。
夢の世界から戻って戦いを躊躇う茉子の気持ちは分からいでもないなぁ・・。

この回は それぞれ分かれて外道衆と対峙している展開も面白かったですね。
さすがに丈瑠と源太でダイカイシンケンオーは無理あるなと思いましたが
腑破十臓を出すインパクトとして、丈瑠の疲弊は正解だったんすなぁ。
・・てトコで、次回へ。


第二十六幕「決戦大一番(けっせん おおいちばん)」★★★★★

ものすごいタイミングで現れるも、源太に免じて丈瑠との決闘を一日待つという十臓。
んでも それ以上は待たないと、決闘に来なければ人斬りで潤すという脅し付き(汗)。

薄皮太夫の過去を知って戦いに迷いが生じ
もう一度 侍としての覚悟を決めようと、せっかく買った料理本やエプロンを捨ててしまう茉子。
・・あ、十臓に今の茉子の料理を食わせたら順延するんじゃないかと思ったりして(爆)。
今回ラストでジイ・彦馬が茉子に侍だからといって諦めさせないよう、捨てたものを渡すシーンは良かったですね。
茉子の料理に またしばらく一同戦々恐々かも知れませぬが(笑)。

2人の決闘に ただ一人反対する流ノ介。忠実な流ちゃんらしい鬱陶しさ もとい、家臣らしさ(笑)。
しかし志葉家当主ではなく、侍として十臓と戦いたいという丈瑠の気持ちを知って一晩考えた挙句
家臣としては反対だが、侍としては容認することに。
かくして丈瑠は十臓と決闘へ、家臣たちはユメバクラ退治へ。

シンケンマルを託されたブルーがスーパーシンケンブルーに!
なるほどシンケンレッド限定のアイテムにしないのは すごい大事かも。他の皆の強化型が楽しめますしね~♪
今回はレッドVS十臓がメインでしたが、ブルーの殺陣やショドウフォンの細かい手さばきもカッコよかったです!

“肉を切らせて骨を断つ”
死闘のなかレッドが わざと斬らせて、十臓の隙を作って勝負あり!
ウラマサも折れて十臓は崖落ち・・でも復活はあるやろなぁと期待してしまうのは唐橋くんやからでしょうか(笑)。

ランキングバナー

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
【特撮で海に落ちて生死不明の場合の生存確率98%だって信じてる。】 殿とジュウゾウの文字通り真剣勝負。 外道衆からこの世を守るのが使命とはいえ、剣を交えたいという侍の本能もうずくわけですね。 チビッ子にわっかるかなー。わっかんねぇだろうなー。
2009/08/24(月) 22:21 | 閑古鳥ぽよぽよ
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。