混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『仮面ライダーディケイド』、最終話「世界の破壊者」の感想。★
2009年08月30日 (日) 14:18 | 編集

仮面ライダーディケイド』、最終話(第31話)「世界の破壊者」の感想です!

アポロガイストって「迷惑なヤツ」になること前提で生きてるのね(笑)。

最終話といってもTV版では完結せず、続きは12月公開の劇場版へ。・・あーあ、やってしもうた(汗)。
一応 作り手側の気持ちとして“最終話”なのかも知れませんが
TVシリーズの中で完結を迎えられなかったことに、とてもストレスを感じます。

劇場版は“チケットを買って観に行く”という時点で、TV版と媒体が別物ということ。
パラレルや外伝的な劇場版ならOKだと思ってましたが、
TVシリーズの最終回を有料で映画に託すのは視聴者にとってどうなんでしょ???
個人的には一番やってはいけないパターンやと思いますが・・。
こんなことなら後半の世界でダブってるような話は一つにして、すべての結末をTV版の中で収めてほしかったもんです。


旅で出会ったカズマが消えて“ブレイドの世界”も消滅。そして現れた もう一人のブレイド・剣崎一真。
この一真 曰く、世界の融合はディケイド誕生が発端で
ディケイド自体を排除しないと それぞれの世界も消滅してしまうと。

一真の話が本当なら、これまでの旅って何だったんじゃい!と凹む士。しかし「どんな旅にも無駄がない。」と栄次郎。
このあとの展開にも繋がりますが、夏海ユウスケ大樹にそれぞれ
士と旅をしてきて得られたものがあるということなんすね。

一真の話を信じ、自分たちの世界を守るためにディケイドと戦うワタルキバとアスム響鬼。
この戦いをクウガに変身し食い止めるも、心が揺れるユウスケ。

今度は夏海を花嫁にしようと連れ去るアポロガイスト。川原さん若い子好きやなぁ~(←違!笑)。
大樹に止められ罠が待っていると分かっていても、夏海を助けるために士は一人でアポロガイストのもとへ。
“世界”よりも“仲間”を選んだ士。
その想いが旅を続けた仲間、旅で出会った仲間を動かすという ここらへんの展開は良い燃えでしたな。
ホント“未来を変える旅”にかけた一同の戦いで、アポロガイストたちを一掃させるまでは良かったんすよねぇ・・。

戦いが終わったかに思えたのも束の間、キバと響鬼が消え
ディケイドが全てのライダーを破壊するところを、仲間にしたことが過ちだと再び現れる紅渡。
そして一真、ユウスケを含めた9人のライダー(+ディエンドも?)がディケイドの刺客となり
やはりライダー大戦は止められなかった!・・で一応終了。12月の劇場版宣伝と相成りました。

まぁ鳴滝は謎のままで良かったとしても、オリジナルとパラレル世界の関係や
紅渡や剣崎一真の存在が何なのかは知りたかったなー。


10年一区切りの企画としては色んなことを試みて、温故知新もあり非常に斬新で良かったと思う『ディケイド』ですが
出来れば會川さんがメインライターのままで終わらせて欲しかったです。
継投した米村さんも頑張ってましたけんどもね。
さて12月の劇場版・・たぶんワシ観ないなぁ。その後レンタルになっても観るかどうか迷うだろうなぁ(笑)。
・・とモヤモヤしながら『ディケイド』感想記事は終了です。お付き合い下さった皆様に感謝。

ランキングバナー

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
起きられなかったので録画していた仮面ライダーディケイドの最終話を見た。 直後の感想:無し ていうかポカーントして固まった。よう...
2009/08/30(日) 14:45 | Desiderio Rosso
逃 げ ら れ た !!! なんすかー! いくら「お祭り」とはいえ、「ラストは冬の劇場版で!」って。 あまりにも人を食った幕引きにあんぐりです。 ちなみにテレビ版の最終回をみたかぎりでは、 「パラレルのライダーの存在を許せないオリジナルライダーが、...
2009/08/30(日) 15:11 | 閑古鳥ぽよぽよ
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。