混ぜこぜてみよ~う。by青いパン(ミラー版)
見てきたこと・聞いてきたこと・考えてみたこと、書いてみよう描いてみよう♪★★★当ブログは、『まぜこぜてみよ~う。by青いパン』のミラーサイトです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『仮面ライダーW』、第3話「Mに手を出すな/天国への行き方」の感想。★★★★
2009年09月20日 (日) 18:27 | 編集

仮面ライダーW(ダブル)』、第3話「Mに手を出すな/天国への行き方」の感想ですっ!

走行するバスの上で対峙するWはカッコ良し!相手が腹ボテのドーパントなのが残念(笑)。

人気キャラクター大集合! 「バンダイストア」オープン

“風都”の都市伝説かと思われていた“天国のカジノ=ミリオンコロッセオ”。
突如 豹変してしまった和菓子屋の看板娘・優子が そのミリオンコロッセオに通っているらしく、実在すると判明。
そして裏には加賀の変身するマネー・ドーパントの影が・・。
マネー・ドーパントの狙いは、ギャンブル漬け&一文無しにした人間の生命力をコインにしてしまうことにアリ。

翔太郎の集めた情報とフィリップの検索で、路線バスに扮してミリオンコロッセオに連れて行く“闇バス”の存在に気づくも
フィリップが“家族”という言葉に過剰に反応し意識を失い、Wは戦闘不能に。
一応フィリップが人間であることは確かなのかな?
フィリップの頭によぎる家族のフラッシュバックは、その構成(→姉妹らしき子供2人)から園咲家との繋がりも連想させますが・・。
この推測が正しいとすれば、フィリップが若菜に惹かれるのも合点がいくと。

亜樹子が動くとブサイクもとい ちっとも可愛くなく思えるのは、演技中アゴが上がりすぎるからなんやなと発見。
言い換えれば男の役者さんと話す距離が近すぎる(=上を見上げる演技が多い)ってことですわ。
なので亜樹子を観ていると顔は見えず、終始 顎から喉が むき出しな印象が残ります(笑)。
そのことを意識しすぎて亜樹子のコミカルさが無くなるもあれなので、少しずつ修正されてけば良いですかな。

この亜樹子のおかげか、凛ちゃん演じる若菜が まー美しいこと(笑)。
舌打ち&腹黒さはあっても この子はポテンシャル高いなぁ。皆が若菜にメロメロなのも違和感ないです。
若菜はタレントさんなのですね。自ら望んでタレントなのか、園咲の広告塔的な役目なのかなぁ・・。

ランキングバナー

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
【W自体はすっげー描きやすいんだけどなぁ……。】 あいやー。全然乗れないよ! 置いてけぼりだよ! 4コマも何本かネタを絞ってはみたけれど、どーしても描きたい気持ちにつながらない……。 そんなわけでしばらく縮小営業(え)。 さて今回は「フィリップは園咲...
2009/09/22(火) 11:38 | 閑古鳥ぽよぽよ
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。